フォーラム

Displaying 1 - 4 of 4 results
Organisation:  Global CCS Institute CCS技術を蓄積して事業化に備える日本企業 1.    日本のエネルギー事情 日本では、福島の原発事故以来、産業活動の基盤である電力の安定供給が重要な課題となっています。現在、すべての原発(54基、約50GW、福島第一を含む)が停止しており、それを既存の火力発電で補っています。しかし、その多くが老朽設備を再稼働させたものであり、効率およびコスト面で大きな負担となっています。そのため、電力各社は、現在、火力発電設備の新規入札(約10GW ...
Topics: 
Engineering and project delivery Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development
Organisation:  Research Institute of Innovative Technology for the Earth (RITE) 1.    まえがき 前稿までは、政策的側面、国際連携という観点から、政府および石炭関連団体JCOALの動きを紹介しました。本稿では、技術開発の点から、日本における動きを紹介します。CCSに関連する研究開発では、民間企業を別にして、政府系の機関としては、NEDOやAISTがあり、民間からの出資を受ける財団としてRITEやIAEがあります。中でも、R ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development
Organisation:  Japan Coal Energy Centre (JCoal) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation (JOGMEC) Location:  Japan JCOALのCCS関連の動き CCS先進地域(豪州、北米)との連携を深める石炭関連団体「JCOAL」 1.日本におけるCCS関連団体 日本政府と連携してCCSを推進する組織(独立行政法人や財団)には、いくつかの団体があります。 JCOAL 、NEDO、RITE、AIS ...
Topics: 
Renewables Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development
Organisation:  Global CCS Institute 1. CCS関連の予算案の概要 現在、日本では通常国会が開かれ、2014年度予算案が審議されています。主な議論は、アベノミックスの経済施策、地球温暖化防止策を見据えたエネルギー政策、少子高齢化に対する福祉政策などです。その中で、CCSは重要なエネルギー政策のひとつとして取り上げられ、経済産業省と環境省からリリースされた予算案に次のような施策が見られます。 資源およびエネルギー関係の施策 経済産業省は、資源・エネルギー関係の施策として、 ...