最新ニュース

最新ニュース

最新ニュース

モングスタッドCO2回収技術センター、運営継続

23rd March 2020

発行日: 2020年3月23日

原典 : ノルウェー政府

 

ノルウェー政府は、Technology Centre for CO2 capture at Mongstad (モングスタッドCO2回収技術センター:TCM) に対する資金支援を2023年末まで継続することを提案している。

 

ノルウェー・ヴェストランド(Vestland)郡AlverにあるTechnology Centre for CO2 capture at Mongstad (TCM) は、数年間にわたり、CO2 回収技術開発の重要な舞台であった。同技術センターは、国有企業のGassnova社と、民間企業のEquinor社、Shell 社、及びTotal社によって運営されている。

 

これらの国有・民間企業は、現在、今の契約の満期日から2023年末までTCMの運営を継続することに合意している。

 

— TCMはノルウェーのCO2回収貯留 (CCS) の取り組みにおいて重要な要素であり、気候変動を緩和するのに必要なツールの開発に多大な貢献をしている。私は、パートナーであるEquinor社、Shell社、Total社とこの施設の運営を継続する合意に達したことをありがたいと思っている。 TCMに対する民間企業のコミットメントは、政府にとって非常に重要だ。この新たな契約は、TCMにおいて前向きな展開を継続するための良き基盤となる、とノルウェーの石油・エネルギー大臣(Minister of Petroleum and Energy)であるTina Bru氏は語る。

 

この合意は、TCMの今後の運営に対する資金調達において、国の援助と民間企業オーナーによる資金貢献の双方に対する依存を減らしていくための枠組となる。このことは、TCMに新たに加わる将来の所有者からの貢献、運営費の低減、TCM使用者による費用分担金の支払い、TCM及び特定キャンペーンのスポンサーらによる具体的なサービスに対する第三者の支払いなど、いくつかの措置によって達成されることになる。

 

我々は、早ければ、新たな運営期間の始まりである8月にも、新たな民間企業オーナーを招き入れることが可能になるだろうと思っていると、Bru大臣は言い添えた。

 

最新ニュースへ戻る

ニュースレター

最新のCCSの情報が欲しい