最新ニュース

最新ニュース

最新ニュース

Santos社とBP社、CCSで協力

3rd March 2020

CCS in the news 日本語版

発行日:202033

原典:AFR Online

 

エネルギー大手Santos社及びBP社が、年間で最高2,000万トンのCO2Moomba(ムーンバ)ガス田に貯留する合意を結び、今後は、政府に炭素クレジットの形で資金援助を求めていく。

水曜日(4日)に豪州キャンベラで開催される石油・ガス幹部のサミットで発表される運びとなっている同合意において、BP社は、南オーストラリア州最北部においてSantos社が提案しているCCS施設のために2,000万ドル供与することとなっている。

CCSは、2050年までに低排出、あるいは正味ゼロ排出を達成する道筋を示すことを狙った、連邦政府により近々発表される技術ロードマップの一要素になると見込まれている。

Angus Taylor豪エネルギー・排出量削減担当大臣(Energy and Emissions Reduction Minister)は以前からこの提案について承知しており、特にSantos社が主張している通り安価なCO2隔離が可能ならば、喜んで同社と関わり続けて行くと述べた。

Santos社は、20億ドル規模の政府排出削減ファンドから支援を求めると思われ、また、トン当たり30ドル未満、ことによるとトン当たり最低26ドルでCO2を隔離できると考えている。

最新ニュースへ戻る

ニュースレター

最新のCCSの情報が欲しい