報告書:英国大陸棚におけるCO2-EORの展望

Energy Research Partnershipによる報告書は、英領北海におけるCO2-EORを展開する機会は限られていると結論付けた。北海油田の多くが成熟期を迎えているということは、CO2-EORを実施する時期が限られていることを意味し、回収される石油の増分は、もし十分で信頼性のあるCO2供給が早期になされなければ、2025-2030年に約5億バレルから75%減少する可能性があるという。また、再開発費用により、閉鎖された油田の再開が制限される可能性が高いと考えられる。今後2年間に下される決定が、課税できる石油収入、CCSの低費用貯留の提供、より幅広い石油産業の維持等、CO2-EORによる便益の大きさを決めることになる。CO2供給のためには、複数のCCS回収プラントが2025年までに稼働している必要がある。また、2つのCCSコンペティションのプロジェクトが早期に承認され、2020年代はじめまでにフェーズ2のプラントの稼働が続けば、CO2-EORの成功率は高まる。

 

 

Report - Prospects for CO2-EOR in the UKCS

Published: 20 Oct 2015

Source: Carbon Capture Journal

 

An Energy Research Partnership report concludes there is a narrow window of opportunity to deploy CO2-EOR in the UK North Sea. The maturity of most North Sea oil fields means there is a narrow time window to deliver CO2-EOR, with potential incremental oil recovered declining by three quarters, from about 500 million barrels, between 2025 and 2030, if a sufficient and reliable supply of CO2 is not delivered early enough. Redevelopment costs are likely to restrict the reopening of closed fields. Decisions made in the next two years will determine the extent that the benefits from CO2-EOR are realised, including taxable oil revenues, offering low-cost storage for CCS and sustaining the wider oil industry. Several CCS capture plants will need to be operational by 2025 to deliver the supply of CO2. Early approval of both CCS Competition projects will enhance the success, followed by Phase 2 plants in operation by early 2020s.