産業界との絆強く、MITの気候行動計画では化石燃料関連企業と密に連携

MIT(マサチューセッツ工科大学)は水曜日(10月21日)、化石燃料から距離を置くのではなく、待望の「気候変動行動計画(plan for action on climate change)の一環として、今後5年間にわたりMITで行われる新規エネルギー研究に3億ドルを募るなど、産業との連携を強化する試みについて発表した。この計画には、環境関連研究に対してMITからさらに500万ドルを募ること、新しい環境・持続可能性副専攻学位、MITキャンパスのカーボン・フットプリント削減約束などが含まれている。 しかしFossil Free MITなどのグループからの圧力が強まる中、化石燃料企業からの同大学への寄付を排除することに対し、L. Rafael Reif 学長及び4名の大学経営幹部は積極的な反論を行っている。

 

 

 

 

Standing firmly by industry ties, MIT climate action plan has everything but divestment

Published: 23 Oct 2015

Source: The Tech (US)

 

MIT said Wednesday it would not divest from fossil fuels, instead announcing efforts to strengthen collaboration with industry — seeking $300 million in new energy research at MIT over five years — as part of a much-awaited “plan for action on climate change.” The plan also includes $5 million more from MIT toward environmental research, a new Environment and Sustainability minor degree, and a pledge to slash the carbon footprint of MIT’s campus, among other steps. But despite increasing pressure from groups like Fossil Free MIT, President L. Rafael Reif and four top administrators argued vigorously against divesting the Institute’s endowment from fossil fuel companies.