英国には、低炭素電力が最もコスト効果高

英国の気候変動約束を考えると、2020年代の発電需要増加に応えるためには低炭素電力の供給が最もコスト効果的であると、気候変動委員会(Committee on Climate Change : CCC) の報告書が記している。「第5次炭素削減目標における電力部門のシナリオ」と題する新しい報告書で、同委員会は2030年に英国における電力起源排出量を削減する将来のオプションを幅広く提示している。「電力部門の低炭素オプションは、電力部門における排出削減になると共に、輸送・暖房など他の部門における排出削減に繋がる点においても重要である。これらの新たな電力部門シナリオは、価格の手頃さ、供給安全保障、脱炭素化という問題のバランスを取ろうとするもの。これらのシナリオは一つの規範的道筋を示すというよりは、複数の道筋を示すものであり、それによって英国気候変動目標との一貫性を保ちつつこのバランスを達成することができるようになっている。2015年11月26日に第5次炭素削減目標について英国政府に助言を行う際、CCCが考慮されるとの新たな分析が提示されている。第5次炭素削減目標は2028年から2032年における国内排出量最大値を設定しており、第1次炭素削減期間(2008-2012)から(英国排出量を1990年比で80%以上削減するという)2050年約束へ至る中間地点となっている。

 

 

 

 

Low carbon electricity most cost effective for UK

Published: 23 Oct 2015

Source: Carbon Capture Journal

 

A low-carbon electricity supply is the most cost-effective way to meet the need for more generation in the 2020s given the UK’s climate change commitments, a Committee on Climate Change (CCC) report says. In a new report, 'Power sector scenarios for the fifth carbon budget', the Committee sets out a range of future options to reduce the UK’s emissions from electricity in 2030. Low-carbon options in the power sector are important to support emissions reduction in other sectors, such as transport and heating, as well as to reduce emissions from the power sector itself. The new power sector scenarios seek to balance issues of affordability, security of supply and decarbonisation. They indicate different ways, rather than one prescriptive path, through which this balance can be achieved consistent with UK climate change targets. The report sets out new analysis the CCC will take into account when it provides its advice to Government on the fifth carbon budget on 26 November 2015. The fifth carbon budget will set the maximum level of domestic emissions between 2028 and 2032 and marks the half-way point from the first carbon budget period (2008-2012) to the 2050 commitment to reduce UK emissions by at least 80% relative to 1990 levels.