英RedcarのSSI 社鉄鋼所の閉鎖、Teesside CO2回収計画に影響なし

Teesside(ティーズサイド)の製鋼所は崩壊したものの、同地域をCO2回収の世界的リーダーにするという大胆な計画は変わらないと、産業リーダーらが述べた。英国Redcar(レッドカー)近郊にあるWilton Internationalサイトで顧客にエネルギーと水を供給しているSembcorp Utilities UK社は、同地域をヨーロッパにおける空気清浄の中心地とすることを目指すTeesside Collectiveプロジェクトの最新メンバーとなった。7月、産業CCSネットワークをTeessideに構築する資金を確保するため、詳細計画が明かされた。Lotte社、GrowHow社及びBOC社といった主要化学企業から成るグループによる初期計画は、地域政府と中央政府から支持されており、2024年以降、同地域の年間CO2排出量を4分の1削減することを目標としている。この計画を支えるチームによると、この計画は大口エネルギー使用者達の競争力を押し上げ、また、数千人分の雇用の確保に役立つという。また、より長期的な目標では、今後15-20年間 にTees Valley(ティーズ・バレー)全体で、CO2を年間1500万トン貯留し、また2,600人分の雇用を創出できる可能性がある。現在、同チームは政府と話し合いを進めており、George Osborne財務相が11月25日に秋の声明を発表する際、CO2回収への支持を表明することを期待している。

 

 

SSI Redcar steel closure won't stop Teesside Carbon Capture plan

Published: 29 Oct 2015

Source: The Northern Echo (UK)

 

THE collapse of Teesside steelworks will not derail a bold plan to make the region a world leader in carbon capture, industry leaders said. Sembcorp Utilities UK, which provides energy and water services to customers at the Wilton International site, near Redcar, has become the latest member of the Teesside Collective project, which hopes to make the region the clean air capital of Europe. In July, a detailed blueprint was unveiled to help secure funding for an Industrial Carbon Capture and Storage (CCS) network to be built on Teesside. The initial plan by a group that consists of leading chemicals firms such as Lotte, GrowHow and BOC, supported by regional and national government, aims to cut a quarter of the region’s annual CO2 emissions from 2024. The team behind the scheme say it would help to boost competitiveness among heavy energy users and safeguard thousands of jobs. The longer term ambition could see 15 million tonnes of CO2 a year stored and 2,600 jobs created across Tees Valley over the next 15 to 20 years. They are in talks with the Government and hope George Osborne will show his support for carbon capture when he makes his autumn statement on November 25.