CCSニュース

Displaying 1 - 10 of 907 results
Teesside(ティーズサイド)の製鋼所は崩壊したものの、同地域をCO 2 回収の世界的リーダーにするという大胆な計画は変わらないと、産業リーダーらが述べた。英国Redcar(レッドカー)近郊にあるWilton Internationalサイトで顧客にエネルギーと水を供給しているSembcorp Utilities UK社は、同地域をヨーロッパにおける空気清浄の中心地とすることを目指すTeesside Collectiveプロジェクトの最新メンバーとなった。7月、産業CCSネットワークをTeesside ...
オバマ政権は、日本との間で、海外の石炭プロジェクトへの融資を制限する協定を作り上げたと、複数の情報筋がClimateWireに語った。経済開発協力機構(OECD)は、石炭関連融資の段階的廃止のため輸出信用機関に対し共通規則を設定するという賛否両論の決定を行うべく、来月パリで会議を開催するが、この合意は同機構の他の加盟国に影響を及ぼすことを目的としている。しかし、このような合意は、輸出信用機関で予備軍としている石炭プロジェクトの80%を切り捨てる可能性があるため、他のOECD諸国はまだ署名していない。情報筋 ...
数十憶ポンドの「クリーン・エネルギー」プロジェクトを推す指導者が、鉄鋼会社SSI(タイの鉄鋼大手 サハウィリア・スチール・インダストリーズ)の破綻にかかわらずプロジェクトを継続すると主張した。Teessideで数千人もの雇用の確保・創設を可能とする「CCS」計画の青写真が7月に発表されたものの、SSIのRedcar製鋼所が今月閉鎖されて、同プロジェクトは大きな打撃を受けた。SSIは、このプロジェクト全体を監督する組織であるTees Collectiveの主要企業であった。しかし、本日の発表では、今度は産業 ...
バラク・オバマ米国大統領の招待で、Joko Widodoインドネシア共和国大統領が2015年10月に米国を訪問した。この機会に、バラク・オバマ大統領及びJoko Widodo大統領は2015年10月26日、ホワイトハイスにて会談を開き、この共同声明を採択した。両大統領は、両国間の結び付きがいまだかつてなく強く、ダイナミックで、かつ民主主義と良好な統治、人権の尊重、平和・安定・経済的福祉の推進に関する共通の原則にしっかりと基づいていることを認めた。2010年に発足した枠組であるU.S.-Indonesia ...
マサチューセッツ工科大学は、今週、化石燃料産業からの寄付金辞退を求めていた活動家たちの要求を拒否する新たな気候変動行動計画を発表した。MITは、今後5年間、教授陣及び学生が産業界とパートナーを組んで革新的技術を開発する8か所の低炭素エネルギー研究センターの建設に3億米ドル以上を費やす予定。例えば、MITが計画する研究センターの一つには、CO 2 回収隔離の開発を重点的に行うものもある。世界の排出量を安全な水準に制限するには、この技術を世界中の何千か所もの石炭及び天然ガス発電所に設置する必要があると、多くの ...
英国の気候変動約束を考えると、2020年代の発電需要増加に応えるためには低炭素電力の供給が最もコスト効果的であると、気候変動委員会(Committee on Climate Change: CCC) の報告書が記している。「第5次炭素削減目標における電力部門のシナリオ」と題する新しい報告書で、同委員会は2030年に英国における電力起源排出量を削減する将来のオプションを幅広く提示している。「電力部門の低炭素オプションは、電力部門における排出削減になると共に、輸送・暖房など他の部門における排出削減に繋がる点に ...
産業界との絆強く、MITの気候行動計画では化石燃料関連企業と密に連携 MIT(マサチューセッツ工科大学)は水曜日(10月21日)、化石燃料から距離を置くのではなく、待望の「気候変動行動計画(plan for action on climate change)の一環として、今後5年間にわたりMITで行われる新規エネルギー研究に3億ドルを募るなど、産業との連携を強化する試みについて発表した。この計画には、環境関連研究に対してMITからさらに500万ドルを募ること、新しい環境・持続可能性副専攻学位、MITキャン ...
米国Virginia Tech(バージニア工科大学)及びU.S. Department of Energy(米国エネルギー省:DOE)の管轄下にあるNational Energy Technology Laboratory(国立エネルギー技術研究所:NETL)の研究者達が、今夏、シェール層及び炭層からより多くの天然ガスを回収できる安全性のより高いCO 2 貯留方法の開発を目的とした、1,400万ドルを超えるプロジェクトにおいて進展を見せた。DOEが火曜日(10月20日)に述べたところによると、この研究は、 ...
ノルウェー政府は南アフリカとのCCS研究に関する長期的パートナーシップを更新し、また、南アフリカにおけるパイロット・プロジェクトへの資金提供を一部支援することになる世界銀行のCarbon Capture and Storage Capacity Building Trust(CO 2 回収貯留キャパシティ・ビルディング信託基金)に約1,600万ランドを提示したと、Trine Skymoen在南アフリカ・ノルウェー大使が火曜日(10月20日)に述べた。大使は、Sandton(サントン)で開催された第4回So ...
Energy Research Partnershipによる報告書は、英領北海におけるCO2-EORを展開する機会は限られていると結論付けた。北海油田の多くが成熟期を迎えているということは、CO2-EORを実施する時期が限られていることを意味し、回収される石油の増分は、もし十分で信頼性のあるCO 2 供給が早期になされなければ、2025-2030年に約5億バレルから75%減少する可能性があるという。また、再開発費用により、閉鎖された油田の再開が制限される可能性が高いと考えられる。今後2年間に下される決定が ...