CCSニュース

Displaying 11 - 20 of 907 results
石油企業のトップら、気候会談を前に「悪者」イメージと戦う 石油・ガス産業のトップらは金曜日(10月16日)、年末に開催される国連サミットを目前に気候変動会議におけるイメージアップを試みて、ガスフレアリングの抑制を約束したものの、炭素価格化については合意しなかった。世界の石油とガスの20%を生産する10社のトップらは、現在の温室効果ガスレベルが、地球の気温上昇を産業革命前と比較して2℃までに制限するという目標と矛盾していることを認めたが、自らの排出削減目標を設定するまでには至らなかった。8社の経営者らは仏パ ...
Southern Co. (サザン・カンパニー)の子会社であるSouthern Company Servicesが韓国電力公社(Korea Electric Power Corp.)と共同でクリーンコール発電とCCS技術の研究を行う覚書を締結した。両社は米国と韓国、そして環境的に受容可能な石炭利用がエネルギー安全保障を高める可能性のある開発途上国において、上記及びその他の技術における機会を模索することになる。調査対象となる技術の一つに輸送統合ガス化があるが、これは子会社であるMississippi Pow ...
University of Nottingham(ノッティンガム大学)とShanghai Advanced Research Institute(上海高等研究院)が、世界で最も逼迫するエネルギー・環境問題のいくつかに対して低炭素型ソリューションを見出すための新しい研究センターを立ち上げた。英国ミッドランドのノッティンガムシャー郡には英国政府が6,000万ポンドをかけてEnergy Research Accelerator(ノッティンガム大学など英国の6つの大学と英国地質調査所(British Geolog ...
BBC
欧州委員会の気候変動担当トップであるMiguel Arias Cañete氏が、CO 2 に関する国際協定を目指す各国政府の前向きな進展に驚いていると発言した。同氏は、149カ国が炭素排出量削減の国内計画を発表したことは「大変な驚き」 だと述べた。同氏は、BBCニュースに対し、このような約束が出てこようとは6カ月前ですら考えもしなかったと述べた。各国は、パリの気候サミットを前に計画を発表しているものの、同氏は、それでも各国の公約は危険であろうと温暖化の防止に必要な水準には達していないと警告している。Cañ ...
第一線のCO 2 回収技術会社であるION Engineering社は今日(10月12日)、同社が特許を持つ、天然ガス及び石炭火力発電所など大規模排出源からCO 2 を除去するための吸収剤及び処理技術について、初のパイロット・スケール試験を成功裏に完了したと発表した。同プロジェクトは米国エネルギー省化石エネルギー局(DOE Office of Fossil Energy)の管轄下にあるNational Energy Technology Laboratory(国立エネルギー技術研究所:NETL)が管理し、 ...
電力会社CEOs、低炭素転換への明確な政策を求む 世界の発電量の3分の1を占める11社の代表は、日曜日(10月11日)、12月に予定される気候変動に関する国連合意の一環として、低炭素エネルギーへの転換を強調する明確な長期政策で合意するよう各国政府に求めた。これらの企業トップは、新技術が、いかに電力供給量を高め、温室効果ガスを制限するかを示す報告書も発表した。これらの新技術には、高効率太陽光発電、海上浮揚型の風力タービン、石炭火力発電所からの排出を回収する方法が含まれる。American Electric ...
Capture Power社は今日(10月8日)、White Rose Carbon Capture and Storageプロジェクトの実施に対する決意を明らかにした。この決意表明は、発電事業者のDrax社が、基本設計(Front End Engineering and Design: FEED)研究に対する既存のコミットメントを超えてこのプロジェクトに追加投資することは終了する計画だというニュースに続いて出されたもの。Capture Power社のCEOであるLeigh Hackett氏は次のようにコ ...
石油企業のトップら、最新の気候変動に対する積極的活動に集結 世界最大石油企業8社のトップが来週、仏パリに集結し、今年末に開催される国連サミットに先立つ積極的活動の一環として、気候変動との戦いをどのように支援するかについて説明する。10月16日に開催されるその会議の後には記者会見が行われ、そこで企業のトップらは、全世界的な炭素価格付けメカニズムの導入を改めて呼び掛けることも予想されていると、フランスの石油メジャーであるTotal社の最高経営責任者、Patrick Pouyanne氏が水曜日(10月7日)、ロ ...
米国ワイオミング州CO2回収実験センターを受け入れる発電所が選定 複数の研究チームが石炭火力発電所から排出されるCO 2 の大気放出防止方法を研究する実験センターが、米国ワイオミング州Gillette(ジレット)近郊にあるBasin Electric社の発電所に建設されると、Matt Mead州知事が水曜日(10月7日)に発表した。 Dry Fork(ドライ・フォーク)発電所はこのIntegrated Test Facility(統合試験施設)の候補地となっていた2か所のうちの1つで、もう1つはBlack ...
石炭火力発電所、2023年までに「閉鎖」ータイムズ紙より タイムズ紙の本日の有料サービス記事では、「来月のパリでの国連気候変動会議を前に、英国の閣僚たちが作成している計画では、英国の全ての石炭火力発電所は2023年までに閉鎖されることになる」 と報じられている。 University College LondonのInstitute for Human Health and Performanceの所長であるMontgomery氏は、石炭からの離脱による健康面の利益を強調した。 Montgomery教授は ...