CCSニュース

Displaying 21 - 30 of 907 results
CO 2 を監視する新技術が、エネルギー産業による将来の温室効果ガス排出削減努力に役立つ可能性があることを、科学者らが発見した。国際学術誌International Journal of Greenhouse Gas Controlに発表された新しい報告書の中で、研究者らは、どのように希ガス(ヘリウム、ネオン、アルゴン)の痕跡に特有な性質を利用して、地下貯留されているCO 2 の行く末を監視したかについて説明した。発電時、特に石炭燃焼時に排出されるCO 2 は、地球の気候変動の加速に寄与している。CCS技 ...
英国政府、CCSプロジェクトに170万ポンド提供 英国政府によるEnergy Entrepreneurs Fund(エネルギー起業家基金)フェーズ4の一環として、170万ポンドが3件のCCSプロジェクトに提供された。この資金はCCS技術の開発と実証を援助し、それによって同技術の費用低減と革新を支援するもの。エネルギー効率化、発電、蓄熱・電力貯蔵及びCCSの分野における技術の開発と実証を援助するため、14社に計450万ポンドが提供された。     UK Government awards £1.7M to ...
ある一流の産業専門家によると、10億ポンド規模のPeterhead(ピーターヘッド)CCSプロジェクトは英国の他のCCSプロジェクトの始動を助け、また、CO 2 削減に大きく貢献する可能性があるという。Shell社及びSSE社は世界初の大規模ガスCCSプロジェクトの開発を目指しており、英国政府による10億ポンドの資金提供に応募している。University of Edinburgh(エジンバラ大学)のStuart Haszeldine教授は、Peterheadプロジェクトは英国におけるその他のCCSプロジ ...
アラブ首長国連邦(UAE)と米国が、多国間協力の重要性と国際フォーラムにおけるUAEのパイオニア的な役割の拡大について明確にした。両国は、二国間戦略的対話の枠組の中で協力及び意見交換を行う共同コミットメントを明確に示した。このコミットメントは、アブダビで水曜日(9月30日)に行われたSuhail Mohammed Faraj Al Mazroui UAEエネルギー大臣とElizabeth Sherwood-Randall米国エネルギー副長官による会議で発されたもの。両氏は石油及び天然ガス、エネルギー効率に ...
エネルギー技術研究の針路を決定 米国エネルギー省(DOE)科学・エネルギー担当次官(undersecretary for science and energy)であるLynn Orr氏がMITにて木曜日(9月24日)、同省が新しく発表したQuadrennial Technology Review(4ヵ年技術報告書)について講演した。同報告書は今後4年間における最優先研究事項についてまとめたもの。報告書は長いプロセスの成果であり、Orr氏によると「エネルギー技術界における米国の立ち位置の寸評、並びに研究機会 ...
Shell社、Dow社及びGE社が、社会の低炭素経済に向けた移行を支援するためにEnergy Transitions Commission(エネルギー移行委員会:ETC)の設立を支援した。ETCの目標は、今後15年間にわたる、より持続可能な経済へのロードマップを作成することである。これはつまり、修復できないほどの環境劣化を回避しつつ、増大する世界人口やより大規模な経済繁栄を支えるために必要なエネルギーを提供する方法を模索するということである。ETCは活動の1年目において、ゼロカーボン・エネルギー源の拡大方 ...
オーストラリア・メルボルンで今日(9月28日)、第16回Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress(アジア太平洋化学工学国際会議:APCChE 2015)の第1日目が開催された。会議にはアジア・太平洋諸国の化学及びプロセス・エンジニア、工業化学者を代表する520名以上が出席し、そのうち50%が海外からの参加だった。オーストラリアが過去22年間でAPCChEを開催したのは、これがまだ2回目であり、また、このイベントがChemeca ...
米国と中国は、温室効果ガス制限で合意に達し、中国は国内の汚染源産業に対するキャップ・アンド・トレード制度導入を約束した。両国の合意は、今日予定されるオバマ大統領と習主席の会談の後、発表される予定で、月曜日(9月28日)の米国大統領とインドのモディ首相の会談を前に、この合意にならうようインドに圧力をかけることになる。発表前の情報先取りとならないよう合意の全詳細は明らかにされていないが、中国は、2017年から特定産業に対し年間排出量の上限を定める国内キャップアンド・トレード・プログラムを開始することを約束する ...
世界最先端の英国北東部におけるエネルギー・プロジェクトが、昨夜(9月25日)、数億ポンドの資金確保まであと一歩となった。Peterheadにおける初のガス火力CCS発電所建設プロジェクトは、資金獲得における唯一の競争相手の撤退により、英国政府から最高10億ポンドの資金を獲得する態勢にある。Shell社が主導するBoddamでのSSEの発電所プロジェクトは、この巨額の政府投資に対する2件しかない有望応募プロジェクトの一つであった。もう1件は、Drax主導によるヨークシャー州の石炭ベースCCSプロジェクトであ ...
ヒラリー・クリントン氏が、North American Climate Compact(北米気候協定)の立ち上げを含め、米国におけるクリーン・エネルギー投資を奨励する一連の計画について概要を語った。同大統領候補による'Vision for modernizing North American energy infrastructure(北米エネルギー・インフラ近代化ビジョン)'の中で、クリントン氏は、米国のカナダ・メキシコとのエネルギー貿易額がそれ以外の国々との貿易額を合わせたものと同 ...