CCSニュース

Displaying 41 - 50 of 907 results
英国は、シェールガス産業からの収入を、排出されたCO 2 を回収し地下に貯留するプロジェクトの開発資金に充てるべきと、水曜日、シェールガス産業の資金支援を受けるタスクフォースが述べた。英国では地下の岩層に相当量のシェールガスが蓄えられていると推定されており、David Cameron首相は、エネルギー輸入への依存度軽減と税収の増加に期待を寄せて、「シェールに全力(all out for shale)」をかけると約束している。しかし、英国がシェールガス開発を推進するには、排出削減目標を達成可能にするためにC ...
世界の建設業界にとっては、特許所有者曰く、セメント工場でのCO 2 排出量削減方法となり、コンクリート製造業者にとっては、従来のポルトランドセメントより強度があり、製造が安価で、養生期間も短い構造物またはスラブの持続可能な製造方法をもたらす特許が、United States Patent and Trademark Office(米国特許商標庁)により交付された。米国特許番号9,095,815「Systems and Methods for Capture and Sequestration of Gas ...
米国Michigan State University(ミシガン州立大学:MSU)とPHYCO 2 社が、藻類培養と発電所由来CO 2 の隔離または回収を促進する同社の革命的な特許取得済みのコンセプトを基に、藻類技術を開発するパートナーシップを結んだ。このコラボレーションはクリーン電力計画(Clean Power Plan)に記載されているホワイトハウス及びU.S. Environmental Protection Agency(米国環境保護庁)の呼び掛けに直接応えるものである。この共同研究合意の下、カリ ...
British Geological Survey(英国地質調査所:BGS)が行った新しい第三者調査により、モレー湾沖海底にあるGoldeneye(ゴールデンアイ)貯留層は、安全なCO 2 貯留地になりうるとされた。この報告書は、Shell社がSSEの戦略的支援を受けながら進めているPeterhead(ピーターヘッド)CCSプロジェクト案の大きな後押しとなる。同プロジェクトでは、Aberdeenshire(アバディーンシャー)のPeterheadガス火力発電所から排出されたCO 2 を62マイル沖に貯留す ...
BHP、カナダの電力会社とCO2回収技術を推進 BHP Billiton社は、石炭需要梃入れの一助として、CO 2 回収技術の推進を行うべく、カナダの電力会社とのベンチャー事業に数百万ドルを投じることを計画している。世界トップの鉱業会社であり、製鋼プラントで使用される石炭の最大輸出企業であるBHPと、カナダのSaskatchewan Power社は木曜日(9月10日)、両社が世界中の新規CCSプロジェクトが直面するコストとリスクについて研究し、それらを低減する支援を行うためのセンターを設立する計画であると ...
北海で CO2 貯留が「促進される可能性」と、研究が示す 研究者らの主張によれば、CO 2 を安全に貯留する新技術により、北海の「膨大な」CO 2 貯留ポテンシャルの開花が促進される可能性があるという。世界中の専門家らがCCS技術の開発を目指してきた。CCSとは、発電所や産業施設から回収される温室効果ガスであるCO 2 を海底地層中に貯留すること。研究者らによれば、彼らの新技術でより多くのCO 2 を貯留できるようになる可能性があるという。 CO2MultiStore研究の背後には、Scottish Car ...
加CCEMC社、3,500万ドル規模CO2回収コンペティションへの参加を募集 カナダ・アルバータ州に本拠を置くClimate Change and Emissions Management(CCEMC)社が、3,500万ドル規模の国際的なInnovative Carbon Uses(革新的CO 2 利用)チャレンジ第2ラウンドへの参加を呼び掛けている。このコンペティションは、回収されたCO 2 を有益な製品に変えると同時に温室効果ガス排出量を削減する技術を、世界中から募集するもの。「CCEMCは、ここアル ...
COP21会議に向け、World Coal Association(世界石炭協会)は、Milagros Miranda Rojas氏を、新しいPolicy Director(政策ディレクター)に任命した。WCAのCEO、Benjamin Sporton氏は次のように語っている。「Miranda氏は、政策ディレクターとして、私自身及び他のチームメンバーと協力し、COP21に向け、我々の主要戦略の更なる開発及び実施に取り組む。WCAのglobal Platform for Accelerating Coal ...
CO 2 回収・圧縮のコスト削減を目的とする小規模及び大規模パイロット・プロジェクト建設に対する米国エネルギー省(DOE)の資金提供先として、General Electric、Alstom Power、FuelCell Energyなど8件のプロジェクトが選定された。DOEのNational Energy Technology Laboratory(米国エネルギー技術研究所)は、Carbon Capture Program(CO 2 回収プログラム)の一環として資金提供先として、8件のプロジェクトを選定し ...
英ブリストル大学の地震学者ら、CCS研究イニシアティブに参加 新しい国際共同研究イニシアティブの一環として、CO 2 貯留サイトのモニタリングを改善する方法を英国University of Bristol(ブリストル大学)の地震学者3人が調査している。UK Carbon Capture and Storage Research Centre(英国CCS研究センター:UKCCSRC)が資金提供するこのイニシアティブは、最近、カナダ・アルバータ州にあるCMC Research Institutesの現地研究ス ...