CCSニュース

Displaying 51 - 60 of 907 results
英ブリストル大学の地震学者ら、CCS研究イニシアティブに参加 新しい国際共同研究イニシアティブの一環として、CO 2 貯留サイトのモニタリングを改善する方法を英国University of Bristol(ブリストル大学)の地震学者3人が調査している。UK Carbon Capture and Storage Research Centre(英国CCS研究センター:UKCCSRC)が資金提供するこのイニシアティブは、最近、カナダ・アルバータ州にあるCMC Research Institutesの現地研究ス ...
セメント業界向けCCSに関するScottish Carbon Capture & Storage(スコットランドCO 2 回収貯留:SCCS)ワークショップにおけるスライドが入手可能となった。この産業CCSワークショップでは、セメント業界における抑制要素及び特定要素の探索、産業CCSの技術経済的面についての議論、エンジニアリング上のオプションについての検討が行われた。セメント産業は人間の活動から生じるCO 2 排出量の約5%を占める。その排出量の半分は、クリンカー生産から直接生じ、残りは燃料の燃焼 ...
オーストラリア鉱物資源評議会(Coal, Minerals Council of Australia:MCA)のACALET(Coal21ファンド)担当最高経営責任者(Chief Executive ACALET (COAL21 Fund) and Executive Director)であるGreg Evans氏は、豪州石炭業会は、Ian Macfarlane産業科学相の発表した2500万豪州ドルの研究開発実証基金(Research Development and Demonstration Fund) ...
CCS関連専門知識の中心で会議を開く 今週(9月6日-12日)、21カ国、約165名の参加者が、「CO 2 回収の専門知識の中心地」であるSaskatchewanに向けて旅立ち、同州の世界的CCSプロジェクトについて多くを学ぶことになっている。International Energy Agency Greenhouse Gas (国際エネルギー機関温室効果ガス:IEAGHG)プログラムは、2011年にアラブ首長国連合のアブダビ、そして2013年にノルウェーのBergenで開催された同様の会議に続いて、第3 ...
Faith Birol博士が9月1日、International Energy Agency(国際エネルギー機関:IEA)の新事務局長に就任した。Birol氏は以前、Global Energy Economicsの首席エコノミスト及びディレクターとしてIEAの最も重要な出版物であるWorld Energy Outlookを監督しており、また、IEA内における20年間の経験もこの新しい役職に生かすことになる。World Coal Association(世界石炭協会:WCA)は、Faith Birol博士の ...
報告書「中国の製鉄所におけるCO2回収貯留技術の適用」がGCCSIのウェブサイトから入手可能に 東芝はGlobal CCS Institute(GCCSI)からの委託により、中国の主要製鉄所へのCCS技術の適用に関する実現可能性報告書を作成した。東芝はパートナーであるTongfang Environment(同方環境)社と協力し、Shougang Jingtang United Iron & Steel(首鋼京唐鋼鉄)社のCaofeidian(曹妃甸)製鉄所を対象として、同社の吸収剤をベースとした ...
Morgan County(モーガン郡)に立地予定の数十憶ドル規模のクリーン・エネルギー・プロジェクトは棚上げにされたままだが、可能性が完全に消え去ったわけではない。米国のDick Durbin上院議員は、金曜日、Jacksonvilleを訪れ、FutureGen 2.0プロジェクト中止の決定に失望し、苛立ちを感じていると述べた。FutureGenは、クリーン・コール・プロジェクトであり、Meredosiaの石炭火力発電所を改修して、CO 2 を回収し、Morgan郡の地下に貯留するというもの。米国エネル ...
Morgan County(モーガン郡)に立地予定の数十憶ドル規模のクリーン・エネルギー・プロジェクトは棚上げにされたままだが、可能性が完全に消え去ったわけではない。米国のDick Durbin上院議員は、金曜日、Jacksonvilleを訪れ、FutureGen 2.0プロジェクト中止の決定に失望し、苛立ちを感じていると述べた。FutureGenは、クリーン・コール・プロジェクトであり、Meredosiaの石炭火力発電所を改修して、CO 2 を回収し、Morgan郡の地下に貯留するというもの。米国エネル ...
World Coal Association (世界石炭協会:WCA)は、今週、ボンで行われている気候交渉担当者会議に対し、全ての低排出技術の展開を進めるべく積極的な行動をとるよう求めた。WCAのCEOであるBenjamin Sporton会長は、「交渉担当者は、世界中でエネルギー貧困状態にある13億人の人々のエネルギーへのアクセスを改善するという極めて現実的なニーズと、気候目的とのバランスをとるという、非常に大きな課題を抱えている」と発言した。Sporton会長は、このような課題を達成する解決策こそ、高 ...
DOE、CO2回収・圧縮コスト削減用資金を得る8件のプロジェクトを選定 米国エネルギー省(DOE)のNational Energy Technology Laboratory (米国エネルギー技術研究所:NETL)は、DOEのCarbon Capture Program(CO 2 回収プログラム)の下、CO 2 回収圧縮コスト削減を目的とする小規模及び大規模パイロット・プロジェクトの建設資金を得る8件のプロジェクトを選定した。このCarbon Capture Programは、発電部門において費用効果の高 ...