CCSニュース

Displaying 81 - 90 of 907 results
Saudi Aramco社は、通常の水攻法以上の石油回収増進を目指し、同時にCO 2 排出量の削減も目指すべく、パイロット・プロジェクトを開始した。EOR Saudi Aramco Monitoringは、地震モニタリングや電磁気調査、試掘孔と表面重力、坑井間トレーサー試験など広範な手法を用いて行われる。(画像出典: Saudi Aramco社。) CO 2 回収及びEORプロジェクトは、同社のEXPEC-Advanced Research Centerを中心に行われ、この種のプロジェクトとしては中東で最 ...
藻類企業(Algae companies)は、オバマ政権のクリーン電力計画(Clean Power Plan)最終版で、発電所起源CO 2 の活用を認める変更が行われたことを喜んでいる。米国環境保護庁(EPA)の最終版規則は、原案からの転換で、発電ユニットに対し、排出削減目標遵守の手段として藻類及び他のCO 2 回収利用(CCU)技術の利用を認めている。さらにEPAは、新規発電所に対する温室効果ガス基準の最終規定にも新しい表現を盛り込み、削減目標達成のため活用技術を使用できるかどうかを決定するメカニズムを ...
CO2QUESTは、EC FP7のプロジェクトであるIMPACTSと共に、the 2nd International Forum on Recent Developments of CCS Implementation (CCSの実施における最近の展開に関する第2回国際フォーラム)のワークショップを共催する。 この催しは、今年の12月16日と17日に、ギリシャのアテネにあるSt. George Lycabettus Hotelで行われる予定であり、今年3月に行われた第1回CCSフォーラムの成功を土台とした ...
CO2QUESTは、EC FP7のプロジェクトであるIMPACTSと共に、the 2nd International Forum on Recent Developments of CCS Implementation (CCSの実施における最近の展開に関する第2回国際フォーラム)のワークショップを共催する。 この催しは、今年の12月16日と17日に、ギリシャのアテネにあるSt. George Lycabettus Hotelで行われる予定であり、今年3月に行われた第1回CCSフォーラムの成功を土台とした ...
CO2QUESTは、EC FP7のプロジェクトであるIMPACTSと共に、the 2nd International Forum on Recent Developments of CCS Implementation (CCSの実施における最近の展開に関する第2回国際フォーラム)のワークショップを共催する。 この催しは、今年の12月16日と17日に、ギリシャのアテネにあるSt. George Lycabettus Hotelで行われる予定であり、今年3月に行われた第1回CCSフォーラムの成功を土台とした ...
米国のオバマ大統領は、今日午後、電力会社の発電・配電方法を再形成することになるであろう、電力部門向けCO 2 排出規則の最終版を公表した。ホワイトハウス東の間で話をした際、オバマ大統領は、米国環境保護庁(U.S. EPA )のクリーン電力計画(Clean Power Plan)及び新規・改造発電施設用規則は「我々の生涯における重要な課題の一つ」に対処するものであると語った。 「これは、その規模と範囲により、しっかりやらないと後戻りできなくなるかもしれないという数少ない問題の一つである」と大統領は述べている ...
ゲント大学(Ghent University:UGent)の分子モデリング・センターとカリフォルニア大学バークレー校が、排ガスからCO 2 を抽出する新技術を開発した。両大学は、発電所からの排ガスを回収しそれを地下に貯留する技術であるCCSに注目した。この方法は大気中のCO 2 排出削減に役立つが、そのプロセスにおける高い作業コストが常に問題となっていた。この新しい技術は、ナノ多孔質材料の使用をベースとしたものであり、これがCO 2 のスポンジとして機能する。この材料にはCO 2 分子に比べてそれほど大き ...
APEC加盟国の科学・イノベーション・技術分野担当オフィサーは、気候変動との戦いを先導する最先端の研究者として、アジア太平洋地域の若手科学者を選抜した。これらの科学者は、「Disaster Risk Reduction: Understanding the Role of Climate Change and Variability(災害リスク軽減:気候変動及び変動性の役割の理解)」をテーマとする2015年APEC Science Prize for Innovation, Research and Ed ...
まだ誕生間もない英国のCCS部門は、今日、Crown Estate(訳者注:王室の資産を管理する公的機関)及び英国地質調査所(British Geological Survey:BGS)が、CO 2 貯留サイト候補地に関する重要なデータベースを研究者に対し無償でアクセスできるようにすると発表したことにより、大きな後押しを得た。 この CO2 Storedのオンライン・データベース  はエネルギー技術研究所(Energy Technologies Institute:ETI) のライセンス下にあり、Crow ...
この手のものとしては中東最大のプロジェクトとして、Saudi Arabian Oil社(Saudi Aramco)初のCO 2 回収及び石油増進回収パイロット・プロジェクトが、環境責任へのコミットメントを示している。同社によれば、CCSとは、発電所などの大規模排出源から排出されたCO 2 を回収し、大気中に放出されることのない地下に貯留・埋蔵することである。このパイロット・プロジェクトでは、一日あたり4,000万立方フィートのCO 2 がHawiyahガス回収プラントで回収された後、’Uthmaniyah ...