MIT、化石燃料産業からの寄付金辞退を拒否、それでも気候変動分野を先導

マサチューセッツ工科大学は、今週、化石燃料産業からの寄付金辞退を求めていた活動家たちの要求を拒否する新たな気候変動行動計画を発表した。MITは、今後5年間、教授陣及び学生が産業界とパートナーを組んで革新的技術を開発する8か所の低炭素エネルギー研究センターの建設に3億米ドル以上を費やす予定。例えば、MITが計画する研究センターの一つには、CO2回収隔離の開発を重点的に行うものもある。世界の排出量を安全な水準に制限するには、この技術を世界中の何千か所もの石炭及び天然ガス発電所に設置する必要があると、多くの専門家が警告する。CCS技術の急速な開発及び採用には、MITなど先端的研究大学と化石燃料産業の密接な協調が求められる。さらに同大学は、新しい環境持続可能性の学位及びコースを計画しており、社会の各部門を横断する協調及びアイデアを引き出すため、その国際的な集結力を活用しようとしている。

 

 

MIT rejects fossil fuel divestment but is still a leader on climate change

Published: 26 Oct 2015

Source: The Conversation (US)

The Massachusetts Institute of Technology announced this week a new climate change action plan that rejects calls from activists to divest its endowment from the fossil fuel industry. MIT over the next five years will dedicate more than US$300 million to the creation of eight low-carbon energy research centers, where faculty and students will partner with industry on developing breakthrough technologies. For example, among the research centers planned by MIT is one focusing on developing carbon capture and sequestration. Many experts warn that thousands of coal and natural gas plants worldwide will have to be fitted with the technology in order to limit global emissions to safe levels. Rapid development and adoption of carbon capture technology will require close collaboration between leading research universities like MIT and the fossil fuel industry. The university also plans new environmental sustainability degrees and courses, and to use its international convening power to spark collaborations and ideas across societal sectors.