SSI破綻でも、数十憶ポンドのCCSプロジェクトは「継続」

数十憶ポンドの「クリーン・エネルギー」プロジェクトを推す指導者が、鉄鋼会社SSI(タイの鉄鋼大手 サハウィリア・スチール・インダストリーズ)の破綻にかかわらずプロジェクトを継続すると主張した。Teessideで数千人もの雇用の確保・創設を可能とする「CCS」計画の青写真が7月に発表されたものの、SSIのRedcar製鋼所が今月閉鎖されて、同プロジェクトは大きな打撃を受けた。SSIは、このプロジェクト全体を監督する組織であるTees Collectiveの主要企業であった。しかし、本日の発表では、今度は産業界の大手企業Sembcorp Utilities UKがこのプロジェクトに加入するとのこと。指導者らは、この動きは「Teesside Collectiveの強靭さを実証し、グループのプロジェクト推進に対する決意を表すものだ」と述べている。

 

 

Multi-billion pound carbon capture scheme 'will continue' despite collapse of SSI

Published: 28 Oct 2015

Source: Gazette Live (UK)

The leaders behind a multi-billion pound “clean energy” project insist it will continue despite the collapse of steel firm SSI. A blueprint for a “carbon capture and storage” plan which could safeguard and create thousands of Teesside jobs were announced in July. But the project was dealt a major blow with the closure of SSI’s Redcar steel plant this month. SSI had been a key firm involved in Tees Collective, the body overseeing the scheme. However industry giant Sembcorp Utilities UK will now join the project, it was announced today. Leaders said the move “demonstrates the resilience of Teesside Collective and the group’s determination to move forward”