CCSとは?

CCSは、発電所や工場などの施設において化石燃料を使用した際に、大気中に放出される二酸化炭素( CO2 )などの温室効果ガスを、大量に削減しようとする技術です。

具体的な技術

  • 石炭や石油、ガスなどの化石燃料を使用する大規模な産業プラントから排出される CO2 を回収する
  • 適切な貯留サイトに輸送する
  • 地中の岩盤に安全に永久に貯蔵できるよう、 CO2 を地中に圧入する

地球温暖化という課題

長期間のモニタリングにより、大気中の CO2 は人間の活動によって増加していることが示されました。 CO2 の増加は、地球温暖化と海洋の酸性化を引き起こします。

CCSが必要な理由

CCSの意味

CCSは、Carbon dioxide( CO2 )、Capture(回収)、Storage(貯蔵)の頭文字を意味します。石炭や石油、ガスなどの化石燃料を燃焼させる大規模な産業プラントから排出される CO2 を回収(Capture)し、適切な貯留サイトに輸送した後に、 CO2 を地中深くに圧入する(Storage)技術です。

CCSの仕組み