G7エネルギー大臣ら、一堂に会しCCSについて検討

01 June 2015
Tokyo

先進7か国(G7)のエネルギー大臣らが2015年5月11・12日、ドイツ・ハンブルグで会議を開き、前回会議以降の進展について話し合いました。会議は集団的エネルギー安全保障の強化と、G7諸国及びその他の国々における持続可能なエネルギー安全保障を効果的に改善させる、さらなるイニシアティブについての決定を目的としていました。

 

カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、欧州委員会、米国の大臣及び代表らは、現在のエネルギー安全保障問題、エネルギー効率性、再生可能エネルギー、革新的技術について議論しました。

Canete気候・エネルギー担当委員とMoniz米エネルギー省長官の間に座るGabriel独経済相 画像提供:ドイツ連邦経済エネルギー省

 

ドイツ連邦経済エネルギー省(Ministry of Economic Affairs and Energy)は会議後に公式声明を発表し、共同活動が奨励される複数の分野について明らかにしました。公式声明は「(中略)温室効果ガスの大幅削減」は今後も必要だとする一方で、「(中略)経済成長とCO2排出の切り離しをさらに進めるための、必然的なエネルギー移行の緊急性」についても強調しています。

 

公式声明はまた、CCSと大規模CCS実証における協力を奨励する必要性についても、次のように明確に言及しました。

 

「我々は、エネルギー・システムから温室効果ガス排出量を着実に削減しつつも、化石燃料が今後も当分の間、エネルギー・ミックスの重要な要素であり続けることを認識しています。このような背景において、我々はCO2回収・利用・貯留の活用を選択した諸国に対し、大規模実証プロジェクトにおいて協力することを、また、シェールガスやその他の非従来的資源の開発と利用を選択した諸国に対し、安全で信頼できる開発を行うために協力することを奨励します。」

 

この声明は、増加傾向にあるCCS賛成論を唱える権威者達の声に同調するものであり、そのことは、12月にフランス・パリで開催されるCOP21における重要な気候交渉に国際社会の目がより多く向けられるようになることに寄与すると思われます。 



 

 

G7 energy Ministers meet and consider CCS

Energy Ministers of the Group of Seven (G7) industrialised countries met in Hamburg, Germany on 11 and 12 May 2015 to discuss progress since their last meeting. The meeting aimed to strengthen collective energy security and to decide upon further initiatives to effectively improve sustainable energy security of G7 countries and beyond.

Ministers and Representatives from Canada, France, Germany, Italy, Japan, the United Kingdom, the European Commission and the United States, discussed current energy security issues, energy efficiency, renewable energy and innovative technologies.

 

German Economic Affairs Minister Gabriel, sits between Commissioner Canete and Secretary Moniz. Image courtesy of the German Federal Ministry for Economic Affairs and Energy

 

The German Ministry of Economic Affairs and Energy issued a Communique , following the meeting identifying a number of areas in which joint action was to be encouraged. The communique stated that “..deep cuts in greenhouse gas emissions…” are still needed while emphasising the “..urgency of a consequent energy transition to further decouple economic growth from carbon emissions”.

 

The communique also explicitly referenced the need to encourage carbon capture and storage (CCS) and collaboration on large scale demonstration of CCS :

“We recognize that fossil fuels will remain an important part in the energy mix for some time, as we progressively reduce greenhouse gas emissions in our energy systems. In this context, we encourage countries which opt to make use of carbon capture, use and storage to collaborate on large-scale demonstration projects and countries which opt to develop and use shale gas and other unconventional resources to collaborate on safe and responsible development.”

 

This statement adds to an increasing chorus of respected voices making the case for CCS, this can only be helpful as the eyes of the international community increasingly turn to the crucial December climate talks at COP21 in Paris.