CCS開発の加速が必要

CCS開発の加速が必要

16 November 2016
Tokyo
 
 
【メルボルン(オーストラリア)2016年11月15日APPメディアネット・インターナショナル=共同通信JBN】
 
グローバルCCSインスティテュートがCCSに関する年次報告書(Global Status of CCS:2016)をリリース
 
世界の最高CCS機関は、パリ協定の気候変動目標を達成するためにはCCSのペースが加速されなければならないと表明した。
 
11月15日、マラケシュで開催中の気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)の記者会見において、ブラッド・ペイジ(グローバルCCSインスティテュートCEO)はGlobal Status of CCS: 2016 (世界のCCSの動向:2016)を発表し、摂氏2℃を「はるかに下回る」目標設定の規模を過小評価すべきではないと述べた。
 
「国際エネルギー機関(IEA)の2°Cシナリオにおける今後25年間に必要なCCSの展開と比べた場合、現行のCO2回収能力はあまりにも小さい。」
 
「2℃シナリオ(2DS)においては、2040年にかけて年間40億トン(4000 Mtpa)近いCO2を回収・貯留する必要がある。その大半は非OECD(経済協力開発機構)諸国において必要な回収・貯留である。現在、稼働・建設中のプロジェクトにおける炭素回収能力は年間4000万トン(40 Mtpa)程度にすぎない。われわれはこのギャップを埋めるために大きく前進しなければならない。」
 
ペイジ氏は、過去5年間に世界的にCCSのプロジェクトが大きく進展したと述べている。
 
「世界中で稼働する大規模CCSプロジェクトは間もなく18カ所になり、米国では多数のプロジェクトが建設を完了して試運転の最終段階にある。他方、2010年初めでは稼働中の大規模CCS施設は10カ所を下回っていた。」
 
「これは政府の積極的な政策イニシアチブがこの10年で進展したことが成功の大きな要因である。」
 
2016 年の年次報告書は、絶え間ない積極的な各国政府支援によりCCSの現在の成功がもたらされ、パリ気候変動目標を達成する共有能力にあったことを明らかにしている。
 
ペイジ氏は「CCSの広範な展開は、CCS技術に関する衡平のとれた考察や認識、そして他の低炭素技術と同様の援助条件における、“ポリシーパリティー”に基づくものでなくてはならない。」と述べた。
 
「つまりこれはCCSにとって、とりわけ技術とそのライフサイクル段階に適合する支援の設計と実施を意味する」
 
「今後はCCSの普及を促進する経済的手段として、リスクや活動の複雑さに対処するためのインセンティブ・メカニズムに焦点を当てる必要がある。」
 
ペイジ氏は、近年のCCSプロジェクトの着実な進歩と過去1年間の成果がCCS成功の証であると述べた。
 
一方でその推進力は維持されなければならないと警告する。
 
「CCS技術は、より幅広く採用されるか否かにかかっている。低炭素経済への移行期におけるグローバルモデルにおいて、CCSに託された重要な役割は、国家レベルの援助政策には十分には落とし込まれてはいない」
 
「今後の動向が極めて重要になってくる。大規模CCSプロジェクトの数を大幅に増やし、パリ協定における気候変動の採択目標に貢献しなければならない。」
 
「ただし危険はある。もし、正しい政策、法・規制上の前提条件が今後5年のうちに導入されなければ、パリ協定は単なる夢物語で終わってしまう。」
 
ニコラス・スターン卿(グローバルCCSインスティテュート国際顧問、ロンドン大学経済政治学院グランサム気候変動環境研究所所長)は、CCSの展開ペースは遅きに失するとして、世界各国がもっと大きな注意を払わなければならないと指摘した。
 

「世界が地球温暖化を2℃以下に抑えるというパリ協定の採択目標を達成するつもりなら、われわれはCCSのバイオエネルギー利用という負の排出(negative emissions)が必要になるだろう。」

 

「また、CCSは多くの産業活動から排出されるCO2を削減する唯一の選択肢に思える。われわれにはこの技術を軽視する余裕はなく、その進展を加速するために、よりよい政策とより多くの投資が必要である。」

 

2016年の成果

  • Tomakomai CCS Demonstration Project (CO2 capture capacity of approximately 100,000 tonnes per annum) – Japan (Operating)
  • Toshiba Corporation and Mizuho Information and Research Institute retrofit of the Mikawa coal-fired power plant (CO2 capture capacity of approximately 150,000 tonnes per annum) – Japan (In detailed design)
  • Abu Dhabi CCS Project (Phase 1), Emirates Steel Industries CCS Project (CO2 capture capacity of approximately 0.8 Mtpa) – United Arab Emirates (Operating)
  • Kemper County Energy Facility (CO2 capture capacity of approximately 3 Mtpa) - United States (Operations very close)
  • Petra Nova Carbon Capture Project (CO2 capture capacity of approximately 1.4 Mtpa - United States (Operations very close)
  • Illinois Industrial Carbon Capture and Storage Project (CO2 capture capacity of approximately 1 Mtpa) - United States (Construction completed)
  • United States Department of Energy Office of Fossil Energy, Clean Coal Research, Development, and Demonstration Programs (injection of more than 13 million tonnes of CO2) - United States (Operating)
  • Air Products Steam Methane Reformer Enhanced Oil Recovery (EOR) Project (three million tonnes of CO₂ captured and used in CO₂-EOR systems) – United States (Operating)
  • Sleipner CO2 Storage Project: 20 years of Operation (over 16 million tonnes of CO2 stored) – Norway (Operating)
  • Quest Project (over one million tonnes of CO2 stored) – Canada (Operating)
  • Boundary Dam Carbon Capture and Storage Project (over one million tonnes of CO2 captured and used mainly in CO2-EOR systems) – Canada (Operating)
  • Petrobas Santos Basin Pre-Salt Oil Field CCS Project (over three million tonnes of CO₂ injected into CO2-EOR systems) – Brazil (Operating)
  • Jilin Oil Field EOR Demonstration Project (over one million tonnes of CO2 injected into CO2-EOR systems) – China (Operating)
  • Yanchang Integrated Carbon Capture and Storage Demonstration Project (CO2 capture capacity of 0.4-0.5 Mtpa) – China (Final investment decision is near)

 

 

報道関係問い合わせ先
 
AntoniosPapaspiropoulos, +61 401 944 478 Antonios.Papaspiropoulos@globalccsinstitute.com
 
Jake Lynn, +1 202 895 2793 Jake.Lynn@globalccsinstitute.com
 
Jelena Susa, +61 413 269 410 Jelena.Susa@globalccsinstitute.com
 
Global CCS Institute について:
グローバルCCSインスティテュート(Global CCS Institute)は、国際的な会員制組織であり、気候変動対応とエネルギー安全保障の提供に不可欠な技術であるCCSの開発・実証・普及の推進をミッションとしている。
 
インスティテュートは、メンバーと共に、そしてメンバーを代表して、この重要技術が温室効果ガス排出削減においてその役目を果たすことができるよう、専門知識の共有、能力育成、助言と支援の提供によりCCSの採用をできるだけ迅速かつコスト効果的に推進している。
 
インスティテュートは、低炭素未来に不可欠な要素としてCCSにコミットする政府、国際的企業、中小企業、研究機関、非政府組織をはじめとする世界中の多岐にわたるメンバーで構成されている。インスティテュートは豪州メルボルンに本部を置き、ワシントンDC、ブリュッセル、北京、東京に地域オフィスを設けています。さらに詳しい情報についてはwww.globalccsinstitute.comを参照ください。