インスティテュート米州事務所、Clean Energy Solutions Symposiumにおいて『世界のCCSの動向:2016』を発表

インスティテュート米州事務所、Clean Energy Solutions Symposiumにおいて『世界のCCSの動向:2016』を発表

22 November 2016

2016年11月17日、木曜日

 

2016年11月15日、インスティテュート米州事務所は米国ワシントンDC, National Press ClubにおいてClean Energy Solutions Symposium: What is the Future of Carbon Capture?(クリーン・エネルギー・ソリューション・シンポジウム:CO2回収の将来はどうなる?)を開催しました。

 

Jeff Erikson(インスティテュート米州担当ジェネラル・マネージャー)は、報告書The Global Status of CCS: 2016(世界のCCSの動向:2016の概要を紹介すると共に、CCS業界における去年1年間の成果について説明しました。Eriksonによるプレゼンテーションに続き、CCSを中心としたクリーン・エネルギーの将来について専門家によるパネル・ディスカッションが行われました。

Jeff Erikson 写真提供:Sam Hurd
 

(左から)Bill Loveless氏(司会進行、USA Today)、Bob Inglis氏(米ジョージ・メイソン大学)、Adele Morris氏(米ブルッキングス研究所)、Armond Cohen氏(大気清浄タスクフォース)、Jeff Erikson(インスティテュート)。 写真提供:Sam Hurd

 

(左から)Bill Loveless氏(司会進行、USA Today)、Bob Inglis氏(米ジョージ・メイソン大学)、Adele Morris氏(米ブルッキングス研究所)、Armond Cohen氏(大気清浄タスクフォース)、Jeff Erikson(インスティテュート)。 写真提供:Sam Hurd

 

(注)『The Global Status of CCS: 2016』に関するJeff EriksonのプレゼンテーションスライドについてはこちらのURLよりご覧いただけます。