Japan CCS フォーラム 2018を開催いたしました

26 April 2018

Japan CCS フォーラム 2018開催要項 (同時開催 苫小牧CCS実証試験見学会)

 趣旨 

グローバルCCSインスティテュート日本事務所は、2018年6月18日に、「Japan CCS フォーラム2018」を開催いたします。

2017年から2018年にかけて、各国の温暖化政策の新しいニュースが飛び込んできています。米国における45Q税額控除の法制化やCO2貯留プログラム関連プロジェクト等への資金提供、英国政府における低炭素化に向けた新戦略である「Clean Growth Strategy」提唱や、中国のCO2回収・利用研究プロジェクトへの投資決定など、CCS普及の後押しをする流れが加速しています。

また直近では、豪州日本間の国際的水素サプライチェーン構築の実証実験が開始され、世界最大の燃焼後回収施設である米国Petra NovaCO2回収プロジェクトが順調に進捗し、カナダ・アルバータ州での全長240kmのAlberta Carbon Trunk Lineが建設中です。ノルウェーの CO2 Technology Centre Mongstadに対する3年間の支援延長も決定されました。

日本における先駆的な取り組みとして、苫小牧CCS実証試験におけるCO2の順調な圧入継続や大崎クールジェンにおける、CO2分離・回収型酸素吹IGCC実証(第2段階)への円滑な移行、日本で初めて火力発電所からのCO2の50%以上回収を可能とした東芝・三川発電所での実証試験の着工等、昨今のCCSプロジェクトの進展には目覚ましいものがあります。

この度はフォーラムを通じ皆様と共にCCSの導入に向けた議論をさらに深めてまいりたいと思っております。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

なお、本年度は日本CCS調査株式会社様のご協賛を頂きまして、翌6月19日(火)に苫小牧CCS実証試験センターへの見学会を行います。こちらの見学会へも是非ご参加賜りますようご案内申し上げます。

 

→ 本年も多くのご参加登録を頂きまして有難うございました。当日の講演資料につきまして、本ページにて公開しております。よろしければご参照ください。

Thank you very much for many registrations to Japan CCS Forum 2018.  We disclose the presentation material in this page below for your reference.

 

 

  「JAPAN CCS フォーラム2018」

  • 日 時: 2018年6月18日(月)【開場9:30】10:00 ~ 17:35(フォーラム)18:00-20:00(意見交換会) 
  • 会 場: イイノホール&カンファレンスセンター 〒100-0011東京都千代田区内幸町2-1-1

                 アクセス:https://www.iino.co.jp/hall/access/

  • 主催: グローバルCCSインスティテュート
  • 後援:  (一財)石炭エネルギーセンター(JCOAL) 

日本CCS調査株式会社

(公財)地球環境産業技術研究機構 (RITE) (五十音順)

  • 言語:  日本語、英語(同時通訳有)
  • ご入場方法:受付にて下記いずれかの情報をご提示ください。
    • 受付完了メールの写し
    • スマートフォン画面等での受付完了メールのご提示
  • 講演資料につきましては、会合当日前までにサイトに掲載いたします。当日の講演資料の配布はございませんので、必要な方は各自印刷の上ご参加ください。
  • 参加費:     無 料
  • フォーラム終了後、懇親会を開催いたします。懇親会へご参加される方は会費3,000円を頂戴いたします。

 

配布資料/CV and Presentation material

 
項目
 
講演演目/講演者 (敬称略)Presentation/Speaker
開会挨拶
Opening 

Jeff Erikson グローバルCCSインスティテュート General Manager – Client Engagement

来賓挨拶
  Opening  
  Address

澤 典明 経済産業省 資源エネルギー庁 資源エネルギー政策統括調整官

Noriaki Ozawa  Director-General for Energy and Environmental Policy, 

        Agency for Natural Resources and Energy,

       Ministry of Economy Trade and Industry, Japan (METI)

 

来賓挨拶

 Opening
Address

 

パッシム・マイケル・ブレージーーストラリア大使館 首席公使

Bassim Blazey  Deputy Head Mission, The Australian Embassy

 

来賓挨拶

 Opening 
Address

 

レイチェル・キング 駐日英国大使館 経済・科学・広報部 公使参事官

Rachel King   Minister Counsellor, Economic Affairs, Media and Communications,

                   British Embassy Tokyo  

基調講演 1
Keynote 1
 
演題:クリーンコールテクノロジー / ​Clean Coal Technology

 

江澤 正名 経済産業省 資源エネルギー庁 資源・燃料部 石炭課長

 Masana Ezawa   Director, Coal Division, Natural Resources and Fuel Department,

        Agency for Natural Resources and Energy,

        Ministry of Economy Trade and Industry, Japan (METI) 

基調講演 2
Keynote 2
 
演題:CCS技術による CO2 削減の長期的な展望/Long-term perspective on CO2 reduction by utilizing CCS technologies

 

松澤 裕 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 課長

Yutaka  Matsuzawa   Director of Climate Change Policy Division, Global Environment Bureau,

          Ministry of Environment, Japan (MoE)

基調講演 3

Keynote 3

 

演題:NEDOにおけるCO2回収コスト低減に向けた取組/NEDO's effort to reduce the cost of CO2 capture

 

内 俊洋 新エネルギー・産業技術総合開発機構 環境部長

Toshihiro Bannai  Director General, Environment Department, New Energy and Industrial Technology Development Organization

 

 

 

   セッションモデレーター
      Session     
   Moderator

 

赤井 誠   グローバルCCSインスティテュート 取締役 (セッション1、2, 3、4、5、6、7)

Makoto Akai  Director,  Global CCS Institute (S1、2, 3、4、5、6 and 7)

 

 
セッション1
Session 1

 

演題:Current situation of policy and projects in Norway

 

講演者 : トム・クナップスクーグ ノルウェー王国大使館 参事官

    松本 宏 ノルウェー王国大使館 通商技術部 シニアアドバイザー 工学博士

Speaker: Tom Knappskog Counsellor, Norwegian Embassy in Japan

                Dr Hiroshi Matsumoto Senior Advisor,Innovation Norway,

                                                      Norweigian Embassy in Japan

 

 

セッション2
Session 2

 

演題:CCS Development in China

 

講演者/Speaker : Dr Liu Qiang      Director of Strategy and Planning Department, National Center for Climate Change Strategy and International Cooperation

 

 

セッション3
Session 3

 

演題:Current Policy and Project update in USA and EU

 

講演者 : Jeff Erikson   グローバルCCS インスティテュート General Manager – Client Engagement

Speaker: Jeff erikson Global CCS Institute  General Manager - Client Engagement

 

 
セッション4
Session 4

 

演題:石炭火力発電所排ガスからの CO2 回収および原油増産プロジェクト/

         Petra Nova CCUS project in USA

        

講演者 : 下方 憲昭  JX石油開発株式会社 第2事業本部 技術2部

         貯留層・生産2グループ グループリーダー

Speaker: Noriaki Shimokata General Manager, Reservoir Engineering & Production Group2 
                                                 Technical Department 2 Business Division,
                                                   JX Nippon Oil & Gas Exploration Corporation
 
セッション5
Session 5

 

演題:三川火力発電所における東芝の CO2 分離回収/

         Toshiba's CO2 Capture at Mikawa Thermal Power Plant

 

講演者 :  鈴木 健介 東芝エネルギーシステムズ株式会社 火力・水力事業部                                                       マーケティング&事業開発部 部長

Speaker: Kensuke Suzuki  Senior Manager,

                                             Strategic Marketing & Business Development Department,

                                            Thermal & Hydro Power Systems & Services Division

                                            Toshiba Energy Systems & Solutions Corporation

 
セッション6
Session 6

 

演題:大崎クールジェン CO2 分離・回収型酸素吹IGCC実証プロジェクトの進捗状況

        Current Status of Osaki CoolGen Project ~Oxygen-blown IGCC with CO2 Capture Demonstration~

 

講演者 : 相曽 健司 大崎クールジェン株式会社 代表取締役社長

Speaker: Kenji Aiso  President, Osaki CoolGen Corporation

 

セッション7
Session 7

 

演題:我が国のCCS政策と苫小牧CCS実証事業の現況

          Japanese CCS Policy and Tomakomai CCS Demonstration Project Update

 

講演者 : 松村 亘  経済産業省 産業技術環境局 環境政策課 地球環境連携室 室長

Speaker: Wataru Matsumura   Director, Global Environment Partnership Office,

                                                   Industrial Science and Technology Policy and Environment Bureau,

                                                  Ministry of Economy, Trade and Industry, Japan (METI)

パネルディスカッション モデレーター
Panel Discussion
Moderator

 

松岡 俊文  公益財団法人 深田地質研究所 理事長

Prof. Toshifumi Matsuoka, Chair man, Fukada Geological Institute 

 

 

 

 

➡ 6月19日の苫小牧CCS実証試験センター見学会につきましては、定員に達しましたので申し込みを一旦締め切らせていただきましたが、実証試験センター視察をご希望の方は直接下記担当者までお問合せください。

日本CCS調査株式会社 国際部(鈴木)メールアドレス:international@japanccs.com 電話番号:03-6268-7387

 

「苫小牧CCS実証試験センター見学会」

  • 日 時: 2017年6月19日(火) 
  • 視 察: 日本CCS調査株式会社苫小牧CCS実証試験センター  〒059-1392 北海道苫小牧市真砂町12番地  

                 ホームページ: http://www.japanccs.com/

  • 主催:    グローバルCCSインスティテュート
  • 協賛:  日本CCS調査株式会社
  • 参加費:   無 料(但し、集合/解散場所までの交通費・昼食代等は各自負担となります)
  • 定員:40名
  • 参加希望の方へは別途詳細につきましてご連絡をさせていただきます。
  • スケジュール(暫定)

12時30分 集合:新千歳空港

12時50分 チャーターバスにて空港出発

13時30分~16時00分 苫小牧CCS実証試験センター視察

16時00分~16時45分 移動:実証試験センターより新千歳空港

16時45分 新千歳空港着 解散