当インスティテュートにとり、CCSコミュニティに向けた一連の画期的な報告書の発表をお手伝いさせていただけることは喜ばしいことです。これらの報告書はいずれも、CCS関連の各政策・法・技術・プロジェクトについて、一流の権威者、あるいは多くの場合にプロジェクトそのものから直接得た独自の知見を紹介するものです。今後の当インスティテュートのメンバー対象イベント(豪州-6月3日、欧州・中東・アフリカ−6月18日、日本−6月19日) において、これらのうち多くの報告書について、より掘り下げた議論を行って参ります。そしてこれらの報告書とその著者について紹介する当インスティテュートのウェビナーにおいても同様に、議論を重ねてまいります。

The European CCS Demonstration Project Networkは、スペイン、Ponferrada(ポンフェラーダ)近郊のCubillos del SilにあるTechnology Development Centre for CO2 captureにおいて、CIUDENの主催する知識共有イベントで、CCS実証プロジェクトにおける最近の活動及び教訓についての発表を行いました。

この会合には、現在在籍する全てのネットワーク・メンバーと、Crown Estate社、欧州委員会エネルギー局(European Commission Directorate for Energy)の代表、そして元ネットワーク・メンバーであるBelchatow及びPorto Tolleの2件のプロジェクトの代表者が参加し、対外秘の最終報告に基づき、主な成果と教訓についての発表がありました。これらの報告書の一般公開版は、同ネットワークの事務局が作成中です。

2014年5月15日、グローバルCCSインスティテュート、Atlantic Council及びEnvironmental Nongovernmental Organization (ENGO) Networkは、ワシントンDCで、Capitol Hill CCS Facts and Policy Forumを開催しました。このフォーラムでは、100名を超えるCCS利害関係者の皆様のご出席を得て、CCSの商業的事業展開に必要な法的措置そして政策インセンティブについての議論が行われました。

618日、EMEAメンバー会合

619日、日本メンバー会議

115-6日、アブダビにおける年次会合 ”Global Status of CCS2014

this is the summary

27 February 2014
Meeting
Washington, D.C.

Registration details will be supplied to Members in coming weeks.

20 January 2014
Conference
Abu Dhabi

The World Future Energy Summit (WFES) is the world’s foremost event dedicated to renewable energies, energy efficiency and clean technologies. Held under the patronage of His Highness Sheikh Mohammed Bin Zayed Al Nahyan, Crown Prince of Abu Dhabi and Deputy Supreme Commander of the UAE Armed Forces, WFES includes a world-class Conference, an international Exhibition, the Project & Finance Village, the Young Future Energy Leaders program, as well as a number of corporate meetings and concurrent social events.

18 April 2014
Conference
Brussels
Organised by: 
Platts

Platts 8th Annual European Carbon Capture and Storage conference will return early next year to Brussels. Known by the carbon capture and storage community as the preferred meeting place of leading European and international project developers, policy makers, technology providers and observers, we look forward to debating what needs to be done to galvanise action, regain confidence and get European CCS back on track in 2014.

The Global CCS Institute is a sponsor of the 2014 event.