出版物

Displaying 11 - 20 of 78 results
インスティテュートは、CCSに関する基本情報をまとめたFACT SHEETシリーズを作成した。「CO2の輸送」は、CO2の輸送に焦点を当て概要をとりまとめたものである。 Japanese translation of Transporting CO 2.   CO2の輸送 Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 transport Organisation:  Global CCS Institute GCCSI-Japan Network only ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 transport
インスティテュートは、CCSに関する基本情報をまとめたFACT SHEETシリーズを作成した。「気候変動への対処」は、CCSを推進するインスティテュートの取り組みに焦点を当て概要をとりまとめたものである。 Japanese translation of Meeting the climate challenge.   気候変動への対処 Carbon capture, use and storage (CCUS) Organisation:  Global CCS Institute GCCSI-Japan ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
2013年12月、インスティテュートはCCSに関する各国の政策支援レベルを評価するための指標「CCS-PI」を作成した。「炭素回収・貯留政策指数(CCS-PI)」は、「CCS-PI」について解説すると共に各国の政策支援レベルを図式化しとりまとめたものである。 Japanese translation of Carbon capture and storage policy indicator (CCS-PI).   炭素回収・貯留政策指数(CCS-PI) Carbon capture, use and s ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
このサマリーレポートは、「世界のCCSの動向:2015」から主要かつ重要な部分を抜粋し、さらに、CCSの展開を世界的に加速させるための重要な活動についてまとめたものです。 Japanese translation of The global status of CCS: 2015 summary report. 世界のCCS の動向:2015サマリーレポート Carbon capture, use and storage (CCUS) Organisation:  Global CCS Institute ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
IEAGHG Weyburn-Midale CO2モニタリング・貯留プロジェクトは、カナダ・サスカチェワン州南東の石油埋蔵地貯留所へのCO 2 圧入および貯留効果を調査するために設計された研究プログラムである。「CO2を地中に貯留すると、何が起こるか」は、CCSについて一般市民から頻繁に寄せられる質問に対し、上記プロジェクトから得られた広範囲に及ぶデータおよび調査結果に基づく回答をまとめたものである。 Japanese translation of What happens when CO 2 is st ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 storage Health, safety and environment
アメリカ大陸地域は、プロジェクト開発の重要な実現要因である石油増進回収(EOR)を伴う炭素回収貯留/炭素回収、利用および貯留(CCS/CCUS)の開発と展開において、世界をリードしている。 「アメリカ大陸におけるCCS/CCUS」は、アメリカ大陸地域におけるプロジェクトの現状及び政策と規制環境について概観した内容となっている。 Japanese translation of CCS/CCUS in the Americas.   アメリカ大陸におけるCCS/CCUS Carbon capture, use ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
インスティテュートは、欧州委員会(EC)から利害関係者への要求、すなわちCO2の地中貯留に関するEU指令2009/31/EC(CCS指令)の施行の見直し作業に参加し、欧州におけるCCSの普及と実現政策の状況を評価する要請に応じ本提言を作成した。本提言では「CCS指令の適用に関する考察」、「欧州のCCSの普及と実現政策に関する考察 」、「CCS指令の実施以降のCCS技術の技術的パフォーマンスとコストの進捗に関する考察」について述べている。 Japanese translation of Global CCS ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
「CCSの戦略的検討書」は、ASEANの政策決定者たちがCCSについて議論しやすくするために、グローバルCCSインスティテュートとASEANエネルギーセンターにより作成されたものである。本書は、CCSの世界的な状況、コスト、回収技術、貯留、法的や規制的発展および市民参加など、CCSに関連する重要な幾つかの事項に関する内容を記載している。また、ASEAN地域におけるCCSの概要を説明しており、また今後、同地域のCCS展開に向けた適切な条件設計を支援するためのステップを提案した内容となっている。 Japane ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
我々は、気候変動の緩和に対する最小コストアプローチの一環として、いかにCCSを最適な形で展開できるかについて議論する時期に入っている。当インスティテュートは55件の大規CCSプロジェクトを確認しているが、これらプロジェクトの実現を後押しするための行動が今まさに求められている。 「世界のCCSの動向2014」では、これら開発計画段階にあるCCSプロジェクトの詳細について記載すると共に、プロジェクトの実現を後押しするための行動について検討・分析を行っている。また、将来のCCS展開に関して ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS)
当インスティテュートは、「世界のCCSの動向2014」において、55件の大規模統合プロジェクトを確認した。現在13件のプロジェクトが「操業」中であり、2012年の12件から1件増加している。この増えた1件は、本年10月に操業開始となったカナダBoundary Damプロジェクトであるが、この開始はCCSにとってまさしく転換点といえよう。今後、2015年と2016年には、2件の大規模CCSプロジェクト(Kemper County、Petra Novaの各プロジェクト)が操業を開始する。さらに初の鉄鋼分野にお ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)