出版物

Displaying 31 - 40 of 78 results

GETICA CO 2 回収貯留(CCS)デモプロジェクトは、ルーマニアの南西部開発地区に立地する既存の石炭火力発電所への大規模な統合CCS技術の適用にかかる実証を行うことを目的としている。 CCSチェーン(回収、輸送、貯留)のフィージビリティ・スタディ(FS)を実施したのは、ルーマニアのISPE(英国INTETECH CONSULTANCYから支援を受けている)、ドイツのALSTOM CARBON CAPTURE、ルーマニアのGEOECOMAR、およびフランスのSCHLUMBERGER CARBON SERVICESで構成されるコンソーシアムである。
気候変動による危険な影響を回避しうる範囲内に地球の平均気温をとどめるためには、世界のCO 2 排出量が今後10年以内にピークに達し、2000年レベルに対し今世紀半ばまでに少なくとも50-85%減少する必要がある 。 本章では、CCS展開へのいくつかの主要な動機を考察する。  第一の理由は、CCSは化石燃料を燃焼する固定汚染源からの排出量削減の手段となるからである。今日、我々が対処せざるを得ない最も重大な排出源は、幅広く普及した化石燃料を消費する多種の事業拠点である。このような事業拠点は多くの将来的経済シナ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
本作業の準備にあたり、2002年の総会において、第3作業部会(Working Group III)の後援と、第1・第2作業部会(Working Groups I and II)からの情報提供を受けながら、IPCCがワークショッ プを開催すべきであるとの手順の推奨が決定された。ワークショップは2002年11月にカナダの Reginaで開催された(IPCC, 2002)。技術報告書の作成、特別報告書の作成、第四次評価報告書完 成まで全ての行動の延期、の3つのオプションがワークショップで検討された。熱心な討論の ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
本報告書は、日本における知識共有ネットワークが実施した複数のフェーズにわたり実施された、「日本における知識共有ネットワークによるCCSコミュニケーション枠組みの構築」プロジェクトの第2 フェーズについて示したものである。実施内容は次のとおりである。 (1). プロジェクトの第1 フェーズで行った、「CCS をコミュニケーションの枠組みを通じてどのように説明すべきか」という専門家の議論に基づき、CO 2 回収・貯留(以下「CCS」)に関する一般市民向けアウトリーチプログラムを作成・試験する。 (2). CO ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS)
このロードマップ は、 2009年 のIEA のCCS 技術ロードマップ の 更新です 。 エネルギー地形 は、 2009年 と 2013年 の間 にシフト しており、 課題 とCCS のニーズ に新たな洞察 が 学習されている 。 CO2回収 ·輸送· 貯蔵: この CCS ロードマップ は、 排出量 削減戦略 における CCS の統合に とCCS チェーンのすべての 3つの成分の スケールアップ の展開 のための条件 を作成する際に 、政府や 産業界 を支援する ことを目的としている。 右 の経路 上 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
今年の初めに 、 欧州委員会 は、CCS の タイムリーな開発 を確保するために 使用可能なオプションについて 議論を 開始し、 炭素回収 と欧州の ストレージ の将来に関する 諮問 コミュニケーション をリリースしました。 議論 の必要性は、 化石燃料 は、欧州 連合(EU) における将来の エネルギーミックス の重要な構成要素であり続ける ことを 認識 によって駆動される。 同時に 成功し 、ヨーロッパで 任意の 大規模な CCS実証 プロジェクト を確立する際に 経験した 課題は、 費用対効果の高い ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
本調査の目的は、産業向けCCSの展開可能性を明らかにするため、OECD非加盟国において、選定した5つの工業部門での「ソース・シンク」マッチングを行うことである。本調査で実施した評価は、UNIDOの「産業界におけるCCSに関する世界技術ロードマップ(Global Technology Roadmap for CCS in Industry)」というより大きな枠組みの一環として行ったものである。したがって、本調査は、世界の温室効果ガス(GHG)排出削減目標を2050年までに達成するために必要なレベルにまで産業 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
西オーストラリア州では二つのCCSプロジェクトが計画されている。両プロジェクトとも、豪州連邦政府及び西オーストラリア州政府の共同パートナーシップによる支援を受けている。一方のプロジェクトは液化天然ガス(LNG: Liquefied Natural Gas)プラントから発生するCO 2 を貯留し、もう一方は石炭を燃焼する産業及び石炭火力発電によって生じるCO 2 を貯留する。両者が違う点は、社会及び環境への影響並びに貯留層の地質である。一方は動物相を保護する価値が高く、人の住んでいない場所に立地しており、他 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Health, safety and environment
ロッテルダム気候イニシアティブ(RCI: Rotterdam Climate Initiative)は、ロッテルダム地域においてCO 2 回収貯留(CCS)を実現するため、懸命に取組を続けている。ロッテルダムにおけるCCS活動は2006年に始まり、現在までに18を超える大手企業が協力し、CO 2 回収プロジェクト及びCCSインフラネットワークに関する、実行可能性レベルでの工学調査を実施してきた。 本書はこのケーススタディの最終報告書である。以下の四つのテーマを取り扱っている。 理解可能なストーリー展開-第 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 hubs
ISAのフェーズ3は、商業ベースのCCS大規模普及の後押しとなるべく、大容量沖合貯留の利用可能性に更なる確実性をもたらすとともに、潜在的なCCSプロジェクト開発者に、プロジェクトを遂行した場合の長期的実行可能性についてより大きな信頼感を提供することを目的としている。これらの目的は、オランダ政府による陸上CO 2 貯留に遅延が生じているため、さらに重要性を増している。 ISAのフェーズ3の実施により、最上部に適切なシーリング層がある、高品質(すなわち、高浸透性)の貯留層すべてについて、地下断層、貯留層の拡張 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 storage