出版物

Displaying 41 - 50 of 78 results
CCSプロジェクトの許可を得るのは、特に貯留許可が義務付けられているため、長く困難なプロセスである。貯留許可に関する規制(CCS指令、ガイダンス文書)は新しいものなので、いくつかの重要な細かい点を様々に解釈することができる。ROADプロジェクトの場合、貯留許可のプロセスに合計で2年近くを費やした。ROADは幸運にも、オランダの所轄当局から実証プロジェクトへの全面的な支援を得ることができた。他のプロジェクトではこの様には行かないかもしれないが、CCS指令に起因する重要な問題のいくつかにどう取り組むかについて ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
2007年に 、 欧州理事会は 、炭素 回収·貯留 ( CCS ) のデモンストレーションを サポートするための 積極的な 取り組み を推進 することに合意した 。 2013年半ば に 、 EUは、 建設中の 新規の 商業規模の CCSプロジェクト ずに 残っている 。 二つの異なる 資金調達メカニズム は、正の 最終的な 投資判断 を取ることができる プロジェクト の確保に 失敗している 。 CCS を支持 以前の 勢いは 失われています。 しかし、なぜ これが 起こっ ており、 何が それについて 行 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
本報告書は、世界のLSIPの現状を概説するとともに、2012年10月のGlobal Status of CCS:2012 発表以降の主要な開発状況の要点を述べる。  グローバルCCSインスティテュートは、大規模統合CCSプロジェクト(LSIP)の世界的動向を追跡している。世界各地のインスティテュート職員がプロジェクトと直接的・定期的に連絡し、体系的に最新のCCS報告書を調査し、関連ニュース及びプレスリリースを注意深く選別している。  インスティテュートが保持するLSIPに関する公開データは、プロジェクトの ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
CCSが大規模なCO 2 排出削減に貢献するためには、先進国と発展途上国の双方において普及する必要がある。とりわけ、来る数十年においては、化石燃料使用量(およびそれに付随するCO 2 排出量)の純増大分は全て途上国から生じるものであることが見込まれている状況を勘案すると、途上国における普及は重要である。一方、大部分の途上国においては、CCSが必要となるような気候変動の悪化こそ認められるものの、CCSが果たして商業ベースにのるかどうかについては、現状は心もとない状況にある。本レポートは、2012年4月25日 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Project financing Capacity development
このレポートは、 2013年4月 にニューデリーで 17〜18 を 開催された第4回 クリーンエネルギー 閣僚会議 のために開発されました 。 これは、 ロンドンで 2012年 のCEM に 提出 ' 発展途上国 における炭素 回収·貯留 の 資金 ' に先行する 報告書に 大臣 に 勧告 に関する最新情報 を提供しています 。 これは、 発展途上国の 資金調達 のCCS を考慮し 、援助国 の参考 文書で あり 、CCS や開発 の影響 のための 資金調達 の間のリンクを 識別する ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Project financing
、2013年2月28日から3月1日にかけて、マレーシアのLumut市において、CCS法規制枠組ワークショップが開催された。このワークショップの目的は、マレーシアの既存の規制環境下で、CCSプロジェクトがどのような規制を受けるかを確認することであった。この分析により、規制上のギャップと重複、改善すべき領域を知り、将来のマレーシアにおけるCCSプロジェクト推進に役立てることができる。ワークショップでは主に、さらなる議論が必要な問題の特定とアプローチの提案が行われた。 マレーシアにおけるCCS法規制枠組ワークシ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development
ROADプロジェクトは、オランダでは初めてとなるこの種のプロジェクトであり、必要とされる全ての許可申請は、本プロジェクトで最も困難な点の一つであった。CCSプロジェクトは実際のところ、CCS指令の規定や広範な認可当局が関与していることに起因した複雑で時間のかかる許可プロセスに直面している。 許可プロセス: CCS プロジェクトの許可取得に関する特別報告書 Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation Permitting ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation Permitting
世界中の数多くの企業や投資家が、炭素回収貯留(CCS)を装備した大規模発電所を創る意欲を持っている。これを持続可能なモデルで実現するには、当該技術に内在するリスクを受容するために、投資に対する適切な利益が得られなければならない。しかしCCS は、十分な介入なくしてはCCS 施設の整備や新たな産業の出現を阻む、重大な障害に直面している。CCS 施設のコストは、世界のどこでも現在の電力卸売価格での売電収益では十分に賄えず、 CO2 排出の回避や削減から収入が得られることによっても賄われない。 CCS プロジェク ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Project financing
CCSは、エネルギー部門及びその他の産業の双方において、CO2排出量を大幅に削減できるため、低炭素技術のポートフォリオにおいて必要不可欠な技術である。 グローバルCCSインスティテュートの「世界のCCSの動向:2012年」報告書は、CCSの動向、過去1年間のCCSに関する進展及び気候変動の効果的・効率的管理のために対処すべき課題を明らかにしている。 世界のCCSの動向:2012年 Carbon capture, use and storage (CCUS) Organisation:  Global CC ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
アジア太平洋経済協力会議 (APEC)の発展途上 諸国は、世界で最も急速に成長している経済圏であり、今後数十年間に発電量を大きく拡大する必要がある。この新規電源の多くは、化石燃料、特に石炭に依存する可能性が高い。地球規模の気候変動及び地域に急速に拡大する石炭火力発電部門からの二酸化炭素 (CO 2) 排出量の増加に対する懸念から、これらの発電所からの排出CO 2 の回収貯留(CCS)をいつ実行できるかという問題が生じている。石油増進回収 (EOR) などの CO2 利用と組み合わせることができるCCS 技術 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation Permitting