出版物

Displaying 61 - 70 of 78 results
CO2 回収貯留(CCS)では、枯渇した石油・ガス田、陸域と海域の地殻深部にある塩水滞水層、岩塩空洞ないし採掘できない炭層などの地質構造に CO2 を注入し閉じ込める。これらは、既存の石油・ガス生産における二次回収のアプローチであり、同時に温室効果ガスの排出を減らす手段でもある。この序論は、CCS がエネルギー生産向上と温室効果ガス削減に関して有するポテンシャルを調査することに関心を寄せる関係者及び政策決定者にとって重要な質問に対する回答を提供するように構成されている。 政策立案者及び事業実施者向けトレーニ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development
本報告書では、モノエタノールアミン(MEA)、メチルジエタノールアミン(MDEA)、2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール(AMP)、ピペラジン(PZ)及びこれらの混合物の酸化分解生成物及び熱分解生成物の形成に関する科学文献のレビューを実施した。この分野は全体としては取り組みが活発であるものの、アミン溶液の分解に関する特性分析と定量化を十分に行った実験研究は事前の予想に比べてはるかに少なく、これらの研究成果を商業規模のアミン系燃焼後回収プラントに適用して、アミン溶液の分解生成物が大気にどれほど飛散するか ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 capture
このプロジェクトは、様々な炭素貯留サイトで既に採用されているトレーサーの分配係数を測定することを目的としている。定量化された分配係数があることで、観測したトレーサーデータについてより正確な解釈が可能になり、モデル予測の不確実性を低減できる。以下は、最近の、世界の様々なCCSプロジェクトにおいて利用された化学トレーサーの一覧であり、この中から本研究で特性把握を行うべきトレーサーを特定する。室内実験は本プロジェクトの主要な研究要素であるが、その対象をこうして選ぶことで、得られる結果が確実に有用なものとなる。な ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 storage
本調査は、CO2回収貯留(CCS)と再生可能エネルギー技術を、相乗効果を高める方法で統合する機会を特定および定量化すること、また再生可能エネルギー発電業界に恒久的な成果を残す可能性のあるあらゆる選択肢を見出すことを目的に実施した。複数の興味深い選択肢が調査され、燃焼後回収CCSにともなうエネルギー損失を補償するために再生可能熱エネルギー活用する事について、詳細なレベルで研究した。 調査した選択肢は以下のとおりである。 CCS用溶媒の再生および発電所のその他の熱需要向けの集光型太陽熱エネルギー 集光型太陽熱 ...
Topics: 
Renewables Solar energy Carbon capture, use and storage (CCUS)
プロジェクトが親会社による投資判断という重要なマイルストーンに近づいていることから、本報告書ではプロジェクトの今後の道筋について概要を示す。今後のマイルストーンの概要並びに関連活動及びプロジェクト実施戦略に関する考察も提示する。  今後「最終投資決定(FID: Final Investment Decisions)」を受けて、二つの組織が順番に設立される。最初の組織は2015年までの設計及び建設に重点を置き、二番目の組織では2015~2020年のプロジェクトの操業を目的とする。プロジェクトには両親会社にま ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Business cases
Trailblazerは、米国テキサス州Nolan郡Sweetwaterの東約9マイルに位置する、建設中の超臨界微粉炭火力(PC: Pulverized coal)発電所である。Trailblazerは、初期設計に商用規模の燃焼後回収式CO2回収(CC: Carbon dioxide capture)プラントを取り入れて建設される米国初の石炭火力発電所となる見込みである。本プロジェクトは本来なら大気中に排出されるはずのCO2の85~90%を回収する設計となっている。本発電所は総出力760MW(夏季のCCプ ...
Topics: 
Engineering and project delivery Carbon capture, use and storage (CCUS)
「世界のCCSの動向:2012年」は、グローバルCCSインスティテュートが発行する、二酸化炭素回収貯留(CCS)の進展および直面する課題に関する 主要報告書の第4版である。これらの報告書は、CCSプロジェクトおよびその技術の開発状況、並びにこれらの技術の大規模実証を促進するために実施されて いる活動に関する包括的概観を示すものである。 「世界のCCSの動向:2012年」は、2011年後半から2012年9月上旬までの開発状況を 網羅している。また、世界の主要なCCSプロジェクトの主導的な実施者が回答した、イ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
CCSが上述のシナリオに基づいた役割を果たすためには、フルスケールでの技術を立証するための大規模な実証試験が必要である。幅広い技術分野に及び、様々な操業環境でなされるこのような大規模な実証試験は、CCSの商業的利用に先立ち必要な先行事例となり、技術の成熟に伴って期待されるコスト削減を推進するものである。 世界の大規模統合CCSプロジェクトの動向 Carbon capture, use and storage (CCUS) Organisation:  Global CCS Institute GCCSI- ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
グローバルCCSインスティテュートは、世界各地の当インスティテュートの代理人(representatives)から得られる報告や最新情報を定期的に確認することにより、世界の大規模統合CO2回収貯留(CCS: Carbon Capture and Storage)プロジェクト(LSIP: Large-Scale Integrated Project)の動向について追跡調査を行っている。LSIPに関する一連の公開データは当インスティテュートが管理しており、プロジェクトの状況及びプロジェクトの詳細の変更を反映す ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
CO 2 排出削減に関する各政府目標達成には、複数の低炭素技術のメニューが必要となる。オーストラリアでは、天然ガスの使用が増大しているが、発電の大部分は石炭によって行われている。オーストラリアではこれまで化石燃料から排出されるCO 2 の地中貯留の検討に注力してきた。今般地中貯留に代わるCO 2 回収貯留の方法を検討するために、この調査を実施する作業部会が開催された。本調査では、CO 2 の生物的隔離(bio-sequestration)および鉱物的隔離(mineral sequestration)といっ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 capture