出版物

Displaying 71 - 78 of 78 results
2009 年7 月、Maasvlakte CCS Project C.V.(「MCP」)は、欧州委員会にプロジェクト提案書を提出した。これが、「ROAD プロジェクト」(「Rotterdam Opslag en AfvangDemonstratieproject」:ロッテルダム貯留回収実証プロジェクト)の始まりである。欧州の資金援助を申請することにより、MCP は資金援助プログラムの要件(主にプロジェクトの工程に関するもの)を満たすことを約束した。プロジェクチームは、他の重要な境界条件にも配慮しつつ、特定 ...
Topics: 
Engineering and project delivery Carbon capture, use and storage (CCUS)
知識の共有は、CCSコミュニティにとって必要不可欠であり、グローバルCCSインスティテュートが中心的役割を演じている分野である。「日本におけるCCSコミュニケーション・フレームワークの構築」というこのプロジェクトは、国際的な環境でより幅広くこの手法を利用する事を前提に、パイロット規模で知識管理システム(KMS)のプロトタイプを検証すること目標としており、主なテーマは以下のとおりである。 特定された問題に関して、様々な学問領域/研究分野に分布している専門知識を、インスティテュートおよびそのメンバーが協力して ...
Topics: 
Public engagement Communication Carbon capture, use and storage (CCUS)
本報告書の目的は、CO2回収貯留(CCS)プロジェクトに関して現在カナダ政府及びアルバータ州政府が直面する規制上の不備な点について、指針を提供・報告をするものである。さらに現在、カナダ政府及びアルバータ州のそれぞれの管轄区域にどのような規制枠組みが存在しているのかを明示するとともに、規制枠組みの領域でアルバータ州が行っている取組並びに関連パートナー及び政府レベルの連携強化についての概要説明を目的とする。 CCS実施の指針となり、また、影響を与える連邦及び州の規制枠組み並びに不備な点の概要公開報告書 Car ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
本報告書の基本目的は、CO2回収貯留(CCS)の開発及び商用規模での実施を促進するためにCO2の既存及び新たな利用法を調査し、工業分野におけるCO2の回収と再利用の可能性を検討することである。本報告書では、石油増進回収(EOR)などの成熟技術の近い将来の利用及び技術開発の初期段階にあるいくつかの有望な新技術の将来的な利用の両方について検討する。  世界のCO2再利用に関する市場規模は、現在約8千万トン/年であり、北米のEOR需要がその大半を占める。EORの年間CO2需要量は約5千万トンで、そのうち年間4千 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 utilisation
2009 年以降、グローバル CCS インスティテュートは、二酸化炭素(CO2)回収貯留プロジェ クト及びその技術の開発状況並びにこれらの技術の大規模な実証を促進するための各国政 府による活動状況に関する包括的かつ世界的な概観を示すことを目的とする一連の報告書 を作成してきている。 本報告書はそれらの最新版であり、2011 年 8 月までの開発状況を網羅している。また、 世界の主要な CCS プロジェクトの主導的な提案者が回答した、当インスティテュートの年 次プロジェクト調査の結果に依拠している。なお、こ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
この意欲的な目標を達成するため、IEAは一連の地球規模の技術ロードマップ策定作業に着手した。本ロードマップによって政府、産業界及び金融機関は共同して、必要な手段を確認し、また必要とされる技術の開発及び取得を加速するために対策を実施することが可能となる。  本ロードマップの基本的目的は、とりわけ途上国及び体制移行国を対象に含めることによって、産業応用の低炭素技術の普及を地球規模で推進することである。  本ロードマップは、電力、工業及び燃料転換部門全般におけるCCSに関して必要な行動及びマイルストーンについて ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
CO2回収貯留(CCS)技術は、炭素制約が将来課せられた場合においても化石燃料を継続的に使用するために当該燃料に依存している発電事業者と産業界に対して、一つの選択肢を与える。このため、CCSは、発電所及びその他の工業施設から排出される温室効果ガス(GHG)の世界的な低減に、将来、大きな役割を果たすことが期待されている。  CCSは、その広範な実施に当たり技術的、経済的、規制的及び政策的な障壁が存在するため、商用規模で広く実施されるには至っていない。政府及び産業界はこれらの障壁を低減する努力をしてきているが ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
本基本設計報告書は、グローバルCCSインスティテュートのために、Mountaineer商用規模CO2回収貯留プロジェクトについての非機密の設計情報を抜粋し、集約したものである。本報告書は、2010年2月1日から2011年9月30日までのフェーズI‐「プロジェクト精査フェーズ」の期間中に策定された予備設計情報に基づくものである。報告書には以下に関する説明及び/又は考察が含まれている。   - 米国エネルギー省(DOE)のクリーンコール発電イニシアチブ(Clean Coal Power Initiative) ...
Topics: 
Engineering and project delivery Carbon capture, use and storage (CCUS)