フォーラム

Displaying 1 - 8 of 8 results
Organisation:  Global CCS Institute CCS技術を蓄積して事業化に備える日本企業 1.    日本のエネルギー事情 日本では、福島の原発事故以来、産業活動の基盤である電力の安定供給が重要な課題となっています。現在、すべての原発(54基、約50GW、福島第一を含む)が停止しており、それを既存の火力発電で補っています。しかし、その多くが老朽設備を再稼働させたものであり、効率およびコスト面で大きな負担となっています。そのため、電力各社は、現在、火力発電設備の新規入札(約10GW ...
Topics: 
Engineering and project delivery Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development
Organisation:  Research Institute of Innovative Technology for the Earth (RITE) 1.    まえがき 前稿までは、政策的側面、国際連携という観点から、政府および石炭関連団体JCOALの動きを紹介しました。本稿では、技術開発の点から、日本における動きを紹介します。CCSに関連する研究開発では、民間企業を別にして、政府系の機関としては、NEDOやAISTがあり、民間からの出資を受ける財団としてRITEやIAEがあります。中でも、R ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development
Organisation  Japan Coal Energy Centre (JCoal) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation (JOGMEC) Location  Japan JCOALのCCS関連の動き CCS先進地域(豪州、北米)との連携を深める石炭関連団体「JCOAL」 1.日本におけるCCS関連団体 日本政府と連携してCCSを推進する組織(独立行政法人や財団)には、いくつかの団体があります。 JCOAL 、NEDO、RITE、AIST、 ...
Topics: 
Renewables Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development
Organisation:  Global CCS Institute 1. CCS関連の予算案の概要 現在、日本では通常国会が開かれ、2014年度予算案が審議されています。主な議論は、アベノミックスの経済施策、地球温暖化防止策を見据えたエネルギー政策、少子高齢化に対する福祉政策などです。その中で、CCSは重要なエネルギー政策のひとつとして取り上げられ、経済産業省と環境省からリリースされた予算案に次のような施策が見られます。 資源およびエネルギー関係の施策 経済産業省は、資源・エネルギー関係の施策として、 ...
Organisation:  Global CCS Institute C.D. Keeling博士が1958年から観測を始めたハワイ・マウナロアにおける大気中CO 2 濃度が400ppmを超えました。2013年5月9日に 日平均値がはじめて400ppmを超え 、そして5月第5週(5月26日〜6月1日)には 週間平均値として400.03ppmを記録しました 。日本の気象庁が観測を行っている綾里(岩手県)、与那国島(沖縄県)、南鳥島(東京都)においても、それぞれ本年1月、昨年2月、本年4月に 月平均濃度が4 ...
Location:  Japan 京都メカニズムの柔軟性措置の一つであるCDM(Clean Development Mechanism)は、2004年11月に最初のプロジェクトが登録されて以来、着実に登録プロジェクト数を増やし(現在は約6,700件)、クレジットを生み出してきましたが、現在は極めて厳しい状況にあります。2013年から始まった京都議定書の第二約束期間には、日本などが参加せず国際間の排出権取引ができないことなどから、クレジットの需給バランスは大きく崩れ、クレジット価格は1ユーロ以下など極端に下 ...
Topics: 
Policy, law and regulation Domestic policy Carbon markets
Organisation:  United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) Location:  Japan 2012年11月末から2週間にわたってカタールのドーハで開催されたCOP18(国連気候変動枠組条約第18回締約国会議)/CMP8(京都議定書第8回締約国会合)では、京都議定書の改正等、さまざまな決定がなされました。一方で、京都議定書の第2約束期間に参加しない日本等の国々が今後CDM等を活用できるかが注目されました。この ...
Topics: 
Policy, law and regulation Carbon markets
Organisation:  Chiyoda Location:  Luxembourg The report  Preliminary feasibility study on CO 2  carrier for ship-based CCS  from Chiyoda Corporation covers a technical pre-feasibility study of shuttle type CO2 ship transport, the engineering design of shi ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 transport