サスカチュワン州と日本企業、CO2回収で合意

Organisation: Cenovus, SaskPower

SaskPower社、Brad Wallサスカチュワン州首相、K-Coal Canada Co. Ltd.、中外テクノス株式会社は、日本の中外テクノス社本社において、CCSにおける先端的な地下のCO2監視システムに関する覚書(MOU)を交わした。このMOUは、同州Estevan(エステヴァン)南西のBoundary Dam(バウンダリーダム)発電所で現在建設が進められている統合CCSプロジェクトに関連するものである。Wall首相は、「SaskPowerのプロジェクトは、石炭火力発電所での世界初の商業用大規模CCSプロジェクトであり、このMOUでCCS技術の性能と経済効率が確認されることを期待する」と語った。

SaskPowerの社長兼CEOのRobert Watson氏は、「SaskPowerのCCSプロジェクトには世界中から多大な関心が寄せられており、今日のMOU署名はそのことをより一層強く示すものである」と語っている。Watson社長は、SaskPowerと州政府がBoundary Damの現場に今年だけでも数十組の国内及び国際視察ツアーグループを迎えていると話した。

SaskPower、サスカチュワン州政府、カナダ政府は、Boundary Damの第3ユニットの再建と、これに統合するCO2回収施設の新設に12.4億ドルを投資している。この施設は、年間約100万トンのCO2を回収し、これをカナダの石油会社Cenovus Energyに販売する予定。回収されたCO2に余剰がある場合は、CO2を近くの塩水帯水層に注入する。

中外テクノスがCCSに関し果たせる今後の役割は、CCSサイトにおいて地表のCO2濃度実況を把握できる世界初のモニタリング・システムを確立することである。中外テクノスが提供するCO2地表漏洩・モニタリング・システムの試作品は、現場の数か所に設置される予定である。

このモニタリング・システムは、大規模な連続測定における安定性、費用効果性、高い信頼性、実施可能性を提供し、さらには利用者にとって手の届き易いものとなる予定だが、そうなればCCS技術に関する人々の受容性を高める上で有益である。

 

(原文)

Saskatchewan and Japanese firm reach agreement on carbon capture

SaskPower, Premier Brad Wall, K-Coal Canada Co. Ltd., and Chugai Technos have signed a memorandum of understanding (MOU) at Chugai's headquarters in Japan regarding a leading-edge ground carbon dioxide (CO2) monitoring system for carbon capture and storage (CCS). The MOU is connected to the integrated CCS project that is currently under construction at the Boundary Dam Power Station southwest of Estevan. “SaskPower’s project will be the world’s first commercially viable large-scale carbon capture and storage project at a coal-fired power station, and we expect that the performance and economic efficiency of carbon capture and storage technology will be verified by the MOU,” said Wall. “There’s great interest in SaskPower’s carbon capture and storage project from around the world, and today’s MOU signing is more evidence of that,” said SaskPower president and CEO Robert Watson. Watson noted that SaskPower and the provincial government have hosted dozens of national and international tour groups at the Boundary Dam site this year alone.