欧州投資銀行、CCSプロジェクト資金を調達

Source: Bellona

EUのCO2排出枠3億単位の売却で調達された20億ユーロ以上の資金で、欧州における革新的な再生可能エネルギー実証プロジェクト及びCO2回収プロジェクトが恩恵に与ることになる。このことは、排出枠売却の第2フェーズが成功裏に完了した後、欧州投資銀行によって発表された。この売却は、欧州委員会、欧州投資銀行及びEU加盟国が共同で管理している資金調達手段であるNER300プログラムの一環として行われた。NER300は、最良のCCS及び再生可能エネルギープロジェクトから成る実証プログラムの確立を目指しており、全てのEU及びEEA(欧州経済領域)加盟国が関与している。NER300プログラムは、欧州におけるCCS実証プロジェクトに資金提供する、という本来の目標の達成に悪戦苦闘してきた。NER300第1ラウンドが1件のCCSプロジェクトにさえ資金提供できなかった経緯については、この記事を参照のこと。また、CCSプロジェクト1件(英国ホワイト・ローズCCSプロジェクト)のみが第2ラウンドに提出された経緯については、この記事を参照のこと。さらに、NER300に関する欧州議会の聴聞会については、この記事を参照のこと。なお、この聴聞会で欧州委員会は、NER300によってCCS実証プロジェクトを確保することにあたっての弱点、特に柔軟性が欠如している点を認めた。

 

(Original Text)

European Investment Bank raises funding for CCS projects

Innovative renewable energy demonstration projects and CO2 capture schemes across Europe will benefit from more than €2 billion raised by sales of 300 million emission allowances. The announcement was made by the European Investment Bank following the successful completion of the second phase of sales. The sales are a part of the NER300 programme, which is a financing instrument managed jointly by the European Commission, the European Investment Bank and the Member States. The aim of NER300 is to establish a demonstration programme comprising the best possible CCS and renewable energy projects and involving all EU and EEA Member States. The NER300 programme has struggled to fulfil its original objective of funding CO2 capture and storage (CCS) demonstration projects in Europe. Read about how the first round of NER300 failed to fund a single CCS project here, how only one CCS project (White Rose in the UK) was submitted to the second round here, and read about a European Parliament hearing on the NER300 here. At this hearing the European Commission admitted shortcomings, in particular inflexibility, in managing to secure a CCS demonstration with the NER300.