先進的化石エネルギー技術に関するワークショップをAtlantic Councilと共催

新設石炭・天然ガス火力発プラントを対象とした、CO2及びその他の温室効果ガスのNew Source Performance Standards(新規排出源性能基準)に関して米国環境保護庁(EPA)の発表が待たれる中、当インスティテュートは2013年9月9日、ワシントンD.C.にてAtlantic Council(アトランティック・カウンシル)のワークショップ「先進的化石エネルギー技術:エネルギー・アクセスの確保、エネルギー安全保障の保護、並びに環境パフォーマンスの向上における主要課題」を共催しました。

 ワークショップは元米国国務次官(民主主義・地球規模問題担当)のPaula Dobriansky大使の司会で行われました。

 討議には当インスティテュートの米州担当ジェネラル・マネージャー、Victor Derも参加し、エネルギー、環境、技術的な問題に取り組むにあたってのCCS/CCUSの役割について紹介しました。

 ワークショップでのプレゼンテーションはこちらからご覧ください。

 Atlantic Councilによるワークショップの概要はこちらからご覧ください。

 ビデオサマリーはこちらからご覧ください。

 

(原文)

Institute co-sponsors Atlantic Council workshop on advanced fossil energy technologies

 

In anticipation of a US Environmental Protection Agency announcement on New Source Performance Standards for carbon dioxide and other greenhouse gases from new-build coal and natural gas-fired power plants, the Institute co-sponsored an Atlantic Council workshop:'Advanced Fossil Energy Technologies: Key Issues in Ensuring Access to Energy, Protecting Energy Security, and Enhancing Environmental Performance', held in Washington DC on 9 September 2012.

The workshop was moderated by Ambassador Paula Dobriansky, formerly Under Secretary of State for Democracy and Global Affairs at the US Department of State.  

Victor Der, the Institute’s General Manager – The Americas, participated in the discussions and presented on the role of CCS/CCUS in addressing the energy, environmental and technological issues. 

See presentations from the workshop here.

See the Atlantic Council's summary of the workshop here.

See a video summary here.