PonferradaでCCSの知識共有イベント開催

02 June 2014

The European CCS Demonstration Project Networkは、スペイン、Ponferrada(ポンフェラーダ)近郊のCubillos del SilにあるTechnology Development Centre for CO2 captureにおいて、CIUDENの主催する知識共有イベントで、CCS実証プロジェクトにおける最近の活動及び教訓についての発表を行いました。

この会合には、現在在籍する全てのネットワーク・メンバーと、Crown Estate社、欧州委員会エネルギー局(European Commission Directorate for Energy)の代表、そして元ネットワーク・メンバーであるBelchatow及びPorto Tolleの2件のプロジェクトの代表者が参加し、対外秘の最終報告に基づき、主な成果と教訓についての発表がありました。これらの報告書の一般公開版は、同ネットワークの事務局が作成中です。

この会議は、同ネットワークのプロジェクト・マネージャーであるJohn Scowcroft氏の司会により、EUの2030年気候・エネルギー枠組とCCS指令の評価プロセスに関する、欧州委員会からの最新状況報告で幕を開けました。

DG Energyからは、CCSに関する現行の法的枠組とHorizon 2020及びConnecting Europe Facilityなど、利用可能な金融商品についての発表があり、2030年枠組報告での目標案と、加盟国が策定予定の国別脱炭素化計画にもとづいた新しいガバナンス制度に関する欧州委員会案について概略が説明されました。これらの計画では、国別の温室効果ガス排出削減目標を達成すべく、CCSなど国内での技術オプションについて定めることになっています。

DG Climateの発表では、様々な加盟国におけるCCS指令の国内法化の状況が取り上げられ、また同CCS指令に対する評価のタイムラインと適用範囲(レビューに必要な必須規定に加え、より広範囲なCCS関連のエネルギー・気候政策の検討を含む)についての発表がありました。CCS評価の調査は、全てのステークホルダーの皆様にご活用いただくべく既に公開されております。

これら二つのテーマは、実証プロジェクトから得られる技術的知識の共有に加え、プロジェクトの経験に基づく共同的助言・提言を通して、政策決定においてもっと積極的な役割を果たそうとしているネットワーク・メンバーにとって、関心の高いテーマです。

ENDESA代表からは、OXYCFB300 Compostillaプロジェクト用に作成されたFEED調査報告書の概要について、詳細な発表がありました。 報告書はこちらからダウンロードしていただけます。

The OXYCFB300 Compostillaプロジェクトは、統合型の商業用CCS実証プロジェクトであり、 「経済復興のための欧州エネルギー・プログラム(European Energy Programme for Recovery : EEPR)」出資による6件のCCS実証プロジェクトの一つです。このプロジェクトは、ENDESA、CIUDEN、FOSTER WHEELER ENERGIA Oyによるパートナーシップで2009年から2013年に開発がなされました。ENDESAが同プロジェクトとFEED作業のコーディネータを務め、CIUDENが30MWthの酸素燃焼式循環流動層(Oxy-CFB)ボイラーにおける酸素燃焼及び統合試験など、3つの技術開発プラント(Technological Development Plants:TDPs)における技術開発・建設・テスト実施において重要な役割を果たし、Foster Wheelerが、循環流動層(CFB)酸素燃焼技術の技術開発を担当しました。

この会合で発表されたFEED調査報告書の主要な結論は以下のようなものでした。

  • 回収:回収プロセスは、様々な燃料を使った様々な運転条件下で2500時間以上の運転を行い、成功裡に検証が行われた。同技術には改善の余地があり、今後数年の間に新たな技術進歩の検証が行われるであろう。
  • 輸送:基礎プロジェクトで示された3種類のルート案の中から最も経済的で環境に優しいCO2パイプライン・ルートが選ばれ、成熟した技術に基づいてCO2輸送ソリューション案が作成された。
  • 貯留:DueroサイトはOXY-CFB-300プロジェクト期間中に発生するCO2全量の貯留に必要な容量があり、CO2貯留は技術的に可能と推定された。

イベント参加者らには、酸素燃焼技術開発のラボ及び最新機器やCO2の土壌注入用パイロット・プラントである近隣のPISCO2プロジェクトなど、CO2回収・輸送の技術開発センター(Technology Development Centre : TDC) の施設を見学する機会が設けられました。CIUDENのTDCの中心部は、20 MWthの微粉炭(PC)ボイラーと30 MWth の循環流動層(CFB)ボイラーで構成されています。プラントをゼロエミッションに近い状態にするために、安全かつ信頼性のあるやり方で、CO2 圧縮純化ユニット(CO2 Compression and Purification Unit : CPU)をCFBボイラーにうまく統合し運転することは可能であることが実証されました。

CIUDENチームは、この見学に先立ち、事前説明会を行いました。

会合2日目は、規制策定・輸送・貯留という3テーマのグループ別に、通常の知識共有セッションが行われました。

規制策定セッションは、Sleipner、ROAD、Compostilla、Don Valley の各プロジェクトからの最新状況報告で始まり、CCS指令のレビューと、2030年枠組案策定に対するネットワークの対応をめぐる議論に焦点が当てられました。

CO2輸送をテーマとしたワークショップは、ROAD及びSleipner の両プロジェクトからの最新状況報告と、Compostillaプロジェクトの許認可手順に関する概要説明で始まりました。 またCO2 パイプラインの腐食に関する研究について、CIUDENから発表がありました。

貯留グループでは、プロジェクトからの最新状況報告と、帯水層貯留及びCO2 EORに関するイギリスのビジネスモデルについて、Don Valleyプロジェクトから情報提供が行われました。 Compostilla プロジェクトの代表からは、これまでに行われてきた投資費用および将来の展望に関する作業についての発表がありました。Crown Estate の代表は貯留セッションに参加して、European Projects of Common Interestを中心にNorth Sea Basin Taskforceについての発表を行い、さらにthe CO2Stored project とデータベースについても紹介しました。

これらのセッションの詳細な報告は、同ネットワーク事務局により作成中であり、http://ccsnetwork.eu/ にて公開予定です。

 

 

CCS facts on Capitol Hill

Sharing CCS knowledge in Ponferrada

The European CCS Demonstration Project Network shared the latest activities and learnings from the CCS demonstration projects at a knowledge sharing event hosted by CIUDEN and held in the Technology Development Centre for CO2 capture, located in Cubillos del Sil in the vicinity of Ponferrada, Spain.

The meeting brought together representatives from all current Network members, joined by the representatives from the Crown Estate, the European Commission Directorate for Energy and from two former Network members, the Belchatow project and the Porto Tolle project, who presented the key findings and lessons learnt from confidential final reports. Public versions of these reports are being developed by the Secretariat of the Network.

The meeting, moderated by John Scowcroft, the Network Project Manager, started with updates from the European Commission on the EU’s 2030 framework for climate and energy and the CCS directive evaluation process.

The representative from DG Energy presented the current legislative framework for CCS and the available financial instruments, such as Horizon 2020 and Connecting Europe Facility. He outlined the targets proposed in the 2030 framework communication and the new governance system proposed by the Commission, which is based on national decarbonisation plans to be drawn up by the Member States. These plans should set out domestic technology choices, including CCS, to achieve national GHG emission reduction targets.

The representatives of DG Climate covered the state of transposition of the CCS directive in various Member States and presented the timeline and scope of the CCS directive evaluation, which in addition to the mandatory provision due for the review, covers also broader, CCS-related, energy and climate policy considerations. The CCS evaluation survey has been made available now to all interested stakeholders.

These two topics are of great interest to the Network members who, in addition to sharing the technical knowledge resulting from the demonstration projects, decided to play a more active role in policy decisions through collective advice and recommendations based on the projects experience

The representatives of ENDESA provided a thorough overview of the Front End, Engineering and Design (FEED) study report developed for the OXYCFB300 Compostilla Project. The report is available for download here.

The OXYCFB300 Compostilla Project is an integrated commercial CCS demonstration project and one of the 6 CCS demonstration projects funded by the European Energy Programme for Recovery (EEPR). The project was developed between 2009 and 2013 by a partnership formed by ENDESA, CIUDEN and FOSTER WHEELER ENERGIA Oy. ENDESA was the coordinator for the Project and the FEED works; CIUDEN played a key role in the technological development,constructing and performing tests at three Technological Development Plants (TDPs), including oxy-firing and integration tests in a 30MWth Oxy-Circulating Fluid Bed (Oxy-CFB) boiler while Foster Wheeler acted as the technological developer of the Circulating Fluidised Bed (CFB) oxy-fuel technology.

The key FEED study report conclusions presented at the meeting include:

  • Capture: The process has been successfully validated with more than 2500 hours of operation with different fuels and under diverse operational conditions. The technology has room for improvement and new developments are going to be validated during the next years.
  • Transport: The most economically and environmentally feasible CO2 -pipeline route was selected among the three possible routes presented in the basic Project and the proposed CO2 transport solution is based on a mature technology.
  • Storage: CO2 storage in the Duero site seems to be technically feasible with the required capacity to store the total amount of the CO2 produced in the lifetime of the OXY-CFB-300 project.

The group had an opportunity to visit the facilities of the Technology Development Centre (TDC) for CO2 capture and transport including the laboratories and the advanced equipment for the development of oxy-combustion technologies and the nearby PISCO2 project – a pilot plant for CO2 injection into soils. The central part of the CIUDEN’s TDC consists of two boilers: 20 MWth pulverised coal (PC) boiler and 30 MWth circulating fluidised bed (CFB) boiler. It has been demonstrated that the CFB boiler can be successfully integrated and operated with the CO2 Compression and Purification Unit (CPU) in a safe and reliable way in order to obtain a near-zero emission plant

The CIUDEN team delivered a preparatory briefing before the site visit:

The second day of the meeting was dedicated to the usual knowledge sharing sessions within the three thematic groups: Regulatory Development, Transport and Storage.

The Regulatory Development session started with updates from the Sleipner, ROAD, Compostilla and Don Valley projects and then focused on preparations to the CCS directive review and discussions around formulating the Network’s response to the 2030 framework proposal.

The thematic workshop on CO2 transport started with the updates from the ROAD and Sleipner projects and an overview on permitting procedures from the Compostilla project. The corrosion studies in CO2 pipelines were presented by CIUDEN.

Storage group focused on project updates together with inputs from Don Valley project regarding UK business models for aquifer storage and CO2 EOR. The Compostilla project representatives presented previous work undertaken regarding investment costs and future perspectives. The Crown Estate representative participated in the Storage session presenting the North Sea Basin Taskforce, focusing on the European Projects of Common Interest and introducing the CO2Stored project and database.

Detailed reports from theses session are being prepared by the Network Secretariat and will be published at: http://ccsnetwork.eu/