CCS、ADBクリーンエネルギーフォーラムの議題に

25 June 2014

アジア太平洋地域最大の会議の一つであるアジア開発銀行(ADB)のクリーンエネルギーフォーラムに、政策担当者、投資家、起業家、エネルギー企業、NGO、援助機関など、およそ1,000人が参加しました。当インスティテュートでは、ADBのCCS信託基金への出資を通して、このフォーラムの後援を行っています。

このフォーラムの焦点は再生可能資源と省エネですが、今年はCO2回収・貯留・利用に関する専門のセッションが議題に加えられました。 このセッションでは、当インスティテュートの能力開発(Capacity Development)Principal ManagerであるAlice Gibsonが、CCSの世界的動向と石炭火力発電所の各種ケーススタディについて発表を行いました。気候変動対処には再生可能資源と省エネが不可欠ですが、当インスティテュートでは、この地域における化石燃料起源排出に取り組む上で有効な緩和技術として、CCSの重要性を強調し続けて行く必要があると考えています。

Photo : 2014年6月18日のADBクリーンエネルギーフォーラムにおける閣僚ラウンドテーブルで司会を務める世界エネルギー会議(World Energy Council)のChristoph Frei事務局長

2014618日のADBクリーンエネルギーフォーラムにおける閣僚ラウンドテーブルで司会を務める世界エネルギー会議(World Energy Council)のChristoph Frei事務局長

 

当インスティテュートは、CCSを(温暖化)緩和技術ポートフォリオの一部として位置づける必要性があるという強い理由により、CCSに対する意識向上に関してASEAN石炭フォーラム(ASEAN Forum on Coal)と積極的に協力をしています。当インスティテュートはこのたび、この対話の一環として、ASEANエネルギーセンター(ASEAN Centre for Energy)と共著で、 ASEAN CCS Strategic ConsiderationsASEANにおけるCCSの戦略的検討)という報告書を作成しました。

このフォーラムの開会セッションでは、世界エネルギー会議(World Energy Council)のChristoph Frei事務局長から、CCSの重要性に関する発言がありました。Frei事務局長のスピーチでは、CCSが世界のエネルギー指導者達のアンテナからはずれてしまっていることを明らかにした世界エネルギー会議の研究報告書が引き合いに出されました。CCSが、エネルギーのジレンマに対処する上で必要な革新的解決策の重要な部分を占めることを考えると、これは遺憾な事であるというのが、同事務局長の考えでした。この研究報告書では、CCSをしっかりと議論のアジェンダに戻す必要があることが強調されています。

エネルギーのトリレンマに関する議論はこのフォーラムの重要なテーマであり、東南アジア諸国が気候変動のための行動を考える政策的土台となるものでした。このトリレンマとは、エネルギー安全保障、(最も根源的な開発要因の一つとしての)エネルギー入手可能性、環境的持続可能性という、対立しがちな目標のバランスを取っていくことです。

 

CCS included in ADB’s Clean Energy Forum

The Asian Development Bank’s Clean Energy Conference is one of the largest in the Asia Pacific region, with approximately 1000 participants – whether they be policymakers, investors, entrepreneurs, energy companies, NGOs or aid organisations. The Global CCS Institute sponsors this Forum through its contribution to the ADB’s CCS Trust Fund.

The Forum is focused on renewables and energy efficiency, with a dedicated session on carbon capture storage and utilisation added to this year’s agenda. Alice Gibson, the Institute’s Principal Manager Capacity Development, presented at this session on the global status of CCS and coal-power station case studies. While renewables and energy efficiency are essential to addressing climate change, the Institute believes it’s important to continue to emphasise the importance of CCS as a viable mitigation technology to tackle fossil fuel emissions in the region.

Christoph Frei, Secretary General, World Energy Council moderating the Ministerial Roundtable, ADB Clean Energy Forum, 18 June 2014.

 

The need to position CCS as part of the mitigation technology portfolio, is a key reason why the Institute is pleased to be working with the ASEAN Forum on Coal on raising awareness of CCS. The Institute recently co-authored a report with the ASEAN Centre for Energy called ASEAN CCS Strategic Considerations as part of this dialogue.

The importance of CCS was noted at the opening plenary session of the Forum, by Christoph Frei, Secretary General of the World Energy Council. Frei’s address drew upon World Energy Council research that reveals CCS is slipping off global energy leaders’ radars. This is unfortunate, Frei thinks, given CCS is a vital part of the innovative solutions needed to address the energy trilemma. The research underscores the need to put CCS firmly back on the agenda.

Discussion of the energy trilemma was an important theme at the Forum, and provides the policy context in which many countries in Southeast Asia consider action on climate change. This trilemma is trying to balance the - often competing - goals of: energy security, energy access (as one of the most fundamental development drivers) and environmental sustainability