オーストラリア地域メンバー会合開催報告

01 July 2014

当インスティテュートは2014年6月3日、オーストラリア・メルボルンのビクトリア州立図書館にてオーストラリア地域メンバー会合を開催いたしました。オーストラリア内外に本拠を置く当インスティテュートのメンバー機関から多くの方がご参加くださり、マレーシアと日本からの参加者も含め、産官学及びNGOからの参加者は60名を数えました。

2014年オーストラリア地域メンバー会合の参加者

 

最初のセッションでははじめに、オーストラリア、ビクトリア州、並びに世界の主要CCS政策及び法律面での進展に関する最新情報が共有されました。そして、それら政策と法律面での進展がオーストラリアやビクトリア州における現行及び将来のCCSプロジェクトにどのような影響を及ぼすかについて見解が示されました。

それに続き、基調講演者であるSaskPower社副社長(CCSイニシアティブ)Ian Yeates氏より、電力部門プロジェクトであるBoundary Dam CCSプロジェクトの進捗について率直なお話があり、ご参加の皆様から高い関心が寄せられました。

また、オーストラリアで纏められた、海外諸国にも関連のある4つの報告書が紹介され、それについて議論が行われました:

  • CarbonNet チームによるビクトリア州法規関連ツールキットのケーススタディ
  • Zerogenプロジェクトからの教訓事項に関する報告書
  • Callide(カライド)酸素燃料プロジェクトの最新情報
  • アミン系CO2燃焼後回収プロセスの影響に関するCSIRO報告書

この会合は、メンバーの方々同士が知り合う機会となったと共に、オーストラリア及び海外におけるCCS関連の法律・政策・技術の最新動向について議論する場ともなりました。当日、繰り返し議論された事項の一つはCCSを支援する一貫した声の必要性であり、CCSプロジェクト支持者や社会研究家、一般市民参加に関する専門家が、事実を易しくかつ興味深い方法で伝えるに際して妨げになりかねない、矛盾したメッセージや技術用語の問題が挙げられました。このトピックに関しては既に進められている作業に加えて、次のステップとして、CCS及びオーストラリアにおけるその重要性について、一つの共通したストーリーを用意する必要がある、ということが認識されました。

また、オーストラリアにおけるCCS技術の費用面について、それ自体を単体プロジェクトとして、あるいは他の低炭素技術と比較して理解するため、更なる作業が必要だという点でも参加者の意見が一致しました。

他にも、貯留地の探査と不確実性の問題について議論が行われ、特にオーストラリアでは商業的CCSを中長期的に普及させるにあたってこれらが重要な側面である、ということが認識されました。既に多くの方がご存知のように、正確で徹底した貯留評価はCCSプロジェクトにおいて多くの時間と費用を要する側面ですが、貯留オプションがなければCCSプロジェクトを前進させることはできません。これは報告書「CCS機能を備えたZerogen社IGCCプロジェクト:事例史(Zerogen IGCC with CCS: A case history)」に記された主な教訓事項であり、この問題が話し合われた会議セッションでは、忌憚の無い意見が交わされ、評価の高いセッションとなりました。同報告書の著者らは、「貯留サイトの評価及び『貯留量』と性能の予測は、実際に複数の井戸を掘って調査することが重要であり、単に、(既存データからの)類推で貯留量を予測するべきではない」と記しています。

会議全体を通して議論に積極的なご参加をいただけたことは、オーストラリアにおけるCCSプロジェクトに対する意欲が引き続き強いことの表れであり、当インスティテュートはメンバーの皆様と共に、引き続き今後の発展の機会を模索できることを願っています。

グローバルCCSインスティテュート会長Paul Dougas

 

Australia Members’ Meeting Update

The Institute hosted the Australia Members’ Meeting on 3 June 2014, at the State Library of Victoria, Melbourne. There was great representation from our Member organisations based in Australia and abroad with 60 participants across government, industry, academia and NGOs including attendees from Malaysia and Japan.

Participants at the 2014 Australian Members Meeting

 

Our first session opened with updates on key CCS policy and legal developments in Australia, the State of Victoria and internationally. The session provided insight into what these policy and legal developments mean for current and future CCS projects in Australia and the region.

It was followed our keynote speaker, Ian Yeates, Vice-President – Carbon Capture & Storage Initiatives, SaskPower, who spoke candidly on the progress of the Boundary Dam CCS Project which as a power sector project, was of high interest to attendees.

Four Australian produced and internationally relevant reports were showcased and discussed:

  • The Victorian Legal and Regulatory Toolkit case study from the CarbonNet team
  • The Zerogen Lessons Learnt report
  • The Callide Oxyfuel Project Update
  • The CSIRO report looking at the impacts of amine-based CO2 post combustion capture processes.

The meeting provided an opportunity for Members to connect and discuss the latest developments for legal, policy and technology in the CCS arena in Australia and overseas. Some commonly discussed issues of the day included a call for a cohesive voice for CCS with discussion about the mixed messages and technical language that hamper CCS project proponents, social researchers and public engagement specialists when trying to share factual messages in a simple and interesting way. In addition to the good work on this topic already underway, it was felt the next step is to create a common story around CCS and its importance to Australia.

Members also agreed that more work needs to be done to understand the cost of CCS technologies, within the Australian context, as a standalone project and in comparison to other low emission technologies.

Another issue discussed was storage exploration and certainty, which was felt to be a critical aspect of medium to long term commercial CCS deployment, especially in Australia. As many of us know, correct and thorough storage assessments can be timely and costly aspects of the CCS project, however, without storage options CCS projects cannot move forward. This was a major lesson of the Zerogen IGCC with CCS: A case history report which was discussed in a candid and well-received session during the meeting. The authors of the report said “appraisal of storage site and predictions of ‘reserves’ and performance must be based on long term, dynamic well testing…and not on static-based derivations of capacity.”

The high level of engagement throughout the meeting demonstrated that there continues to be a strong drive for CCS projects in Australia and the Institute looks forward to continuing to work with its Members to find opportunities for future developments.

Global CCS Institute Chairman Mr. Paul Dougas