マレーシアにおけるCCS: 新プロジェクトの発表と当インスティテュートによるワークショップ共催

19 December 2015
Japan

12月11日、Petronas Carigali社は、Sarawak岸沖のK5ガス田開発に伴うCCSプロジェクトを発表しました。このガス田はCO2濃度が高く(70%)、液化天然ガス精製に適切な6.5%にまで希釈されます。Petronas社は、沖合低温蒸留施設を用いてCO2を回収し、貯留のため海底下2.2kmのところにある帯水層に圧入することを計画しています。このプロジェクトでは、このガス田から2018年にガス採掘を開始することを目的としています。

マレーシアは、2020年までにGDPあたりの排出原単位を2005年比で40%削減することをコミットしています。マレーシアでは電力の95%が石炭ないしガス発電であることを考えると、CCSは、石油・ガス部門に加え、同国電力部門における排出削減技術としての役割を果たす可能性があるでしょう。

12月1−2日、当インスティテュートとマレーシアのエネルギー・環境技術・水省(Ministry of Energy, Green Technology and Water:KeTTHA)は、マレーシアのPutrajayaで2件のワークショップを開催しました。このCCS workshop and global legal and regulatory examples (CCSワークショップと世界の法規制例)は、マレーシアにおいて何故CCSが重要かに焦点を当てたものであり、この世界に馴染みの無い(特にエネルギー部門の)政策決定者を対象としたものです。このワークショップはまた、他の国々がいかに自国のCCS関連法規制枠組を作り上げて来たかについての事例に注目することで、マレーシア国内の法規制関連議論を進展させることにもなりました。

当インスティテュートは、マレーシアのR&D部門においてCCSに対する関心が高まりつつあることを認識し、R&D carbon capture use and storage roadmap development workshop(R&D CO2回収・利用・貯留ロードマップ作成ワークショップ)を主催しました。このワークショップでは、政府、産業界、NGO、学術機関を一堂に集め、マレーシアにおけるR&Dの目的を探り、ロードマップに向けた作業を行いました。ロードマップがR&D活動のコーディネーションを助け、マレーシアにおけるCCS関連のノウハウを高めて行くことが期待されます。

これらのワークショップは、2010年から当インスティテュートがKeTTHAと共同で行っているオーダーメイドCCS能力開発プログラムの一環です。

 

CCS in Malaysia: new project announced and Institute co-hosts workshops

Friday, 19 December 2014

On 11 December Petronas Carigali announced a CCS project associated with the K5 gas field development off the coast of Sarawak. The gas field has a high CO2 concentration (70%) that will be reduced to 6.5% to be suitable for liquefied natural gas processing. Petronas plans to use an offshore cryogenic distillation facility to capture the CO2 and inject it into an aquifer 2.2 kilometres below the sea for storage. The aim is to start extracting gas from the field in 2018.

Malaysia has committed to reduce its emissions intensity of GDP by 40% on 2005 levels by 2020. In addition to its oil and gas sector, CCS could play a role as an emissions reduction technology for Malaysia’s power sector, given 95% of its electricity is generated by coal or gas.

On 1-2 December, the Global CCS Institute and the Malaysian Ministry of Energy, Green Technology and Water (KeTTHA) held two workshops in Putrajaya, Malaysia. The CCS workshop and global legal and regulatory examples focused on why CCS is important for Malaysia, aimed at policymakers (especially in the energy sector) new to the space. It also progressed the legal and regulatory discussion in Malaysia by looking at examples of how other countries have developed and structured their CCS legal and regulatory frameworks.

Recognising a growing interest in CCS in the Malaysia R&D sector, the Institute held a R&D carbon capture use and storage roadmap development workshop. This workshop bought together government, industry, NGO and academic organisations to examine Malaysia’s R&D goals and work towards a roadmap. It is hoped that a roadmap will assist in coordinating R&D activities and boost CCS know how in Malaysia.

These workshops are part of a tailored CCS capacity development program the Institute has implemented in partnership with KeTTHA since 2010.