インスティテュート、東京で第14回勉強会を開催

09 January 2015
Japan

2014年12月12日、当インスティテュートは、東京での第14回勉強会を、日本科学技術振興機構(JST)低炭素社会戦略センター(LCS)様ご提供の会場にて主催いたしました。

 

メンバーの皆様に対し、深田地質研究所の高橋亨様よりPresent and Future Works of Pilot Study for Carbon Sequestration and Monitoring in Gundih Area, Central Java Province, Indonesia(「インドネシア・グンディガス田におけるCCSパイロットプロジェクトの現状と今後の計画」)に関するご発表をいただきました。このパイロット・スタディは、日本と途上国で研究を通じ国際問題を協力して解決するための、JSTとJICAの共同研究プログラムであるSATREPS (Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development(地球規模課題対応国際科学技術協力))が資金提供する5カ年の研究プロジェクトです。高橋様からは、まず、同研究の背景と目的についてご説明があり、その後、同プロジェクトの概要についてご発表をいただきました。また、貯留サイト選定、貯留池評価、モニタリング計画など、多くの重要なポイントについてもご説明をいただき、最後に研究の成果と今後のスケジュールの一部についてもまとめていただきました。

高橋亨様のプレゼンテーション - Present and Future Works of Pilot Study for Carbon Sequestration and Monitoring in Gundih Area, Central Java Province, Indonesia (インドネシア・グンディガス田におけるCCSパイロットプロジェクトの現状と今後の計画)

 

 

次に、一般財団法人石炭エネルギーセンター(JCOAL)の原田道昭様から、カナダ、サスカチュワン州でSaskPower社により実施されているBoundary Dam CCSプロジェクトの概要について、ご発表をいただきました。JCOALは、同プロジェクトの諮問委員会メンバーとなっています。原田様からは、同プロジェクトの合理性(コスト、規制)について、および個々のプロセス(回収・貯留など)の概要についてご説明があり、更には同プロジェクトに対する複数の日本企業による有力な貢献についてもお話がありました。

原田道昭様のプレゼンテーション- Outline of Boundary Dam Integrated CCS Project from JCoal(JCoalによる、Boundary Dam統合CCSプロジェクトの概説)

 

 

 

 

最後に、産業技術総合研究所(AIST)の徂徠正夫様より、米国テキサス州オースティンで10月5−9日に行われた今年のInternational Conference on Greenhouse Gas Control Technologies (温室効果ガス制御技術国際会議:GHGT-12)の総括についてご発表をいただきました。徂徠様には、会議セッションで話し合われたことについてのまとめと、会議への参加者としての個人的所感についてお話いただきました。

Global CCS Instituteより、徂徠正夫様のプレゼンテーション- Summary of the International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies (GHGT-12)GHGT-12の総括)

 

本イベントの成功にあたり、メンバーの皆様のご出席とご参加に対し、当インスティテュートより心より御礼申し上げます。

 

Institute hosts 14th Study Meeting in Tokyo

On 12 December 2014, the Global CCS Institute hosted its 14th Study Meeting in Tokyo at a venue provided by the Center for Low Carbon Society Strategy of Japan Science and Technology Agency (JST).

 

Institute Members heard from Mr Toru Takahashi of Fukada Geological Institute on ‘Present and Future Works of Pilot Study for Carbon Sequestration and Monitoring in Gundih Area, Central Java Province, Indonesia’. This pilot study is a five-year research project funded by SATREPS (Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development) which is a JST and JICA joint research program for solving global issues collaboratively through research in Japan and developing countries. He first explained the background and objective of the study, and then presented an overview of the project. He also provided explanations on a number of key points, for example, the selection of the storage site, reservoir evaluation and monitoring plan. Finally, he summarised the result of the study and also some future schedule.

 

Mr Toru Takahashi - Present and Future Works of Pilot Study for Carbon Sequestration and Monitoring in Gundih Area, Central Java Province, Indonesia

 

 

 

Dr Michiaki Harada of Japan Coal Energy Center (JCOAL) then presented an outline of the Boundary Dam CCS Project carried out by SaskPower at Saskatchewan, Canada. JCOAL has been an Advisory Committee Member of the project. Dr Harada explained the rationale of the project (costs, regulations), and the outline of individual processes (capture, storage etc.). He mentioned the strong contribution of several Japanese companies to the project.

Dr Michiaki Harada - Outline of Boundary Dam Integrated CCS Project from JCoal

 

 

 

Finally, Dr Masao Sorai of the National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) presented a summary of this year’s International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies (GHGT-12) which took place between 5-9 October at the Austin, Texas, US. He summarised what was discussed during the conference sessions and gave his impressions as a conference participant.

Dr Masao Sorai - Summary of the International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies (GHGT-12)

 

The Institute thanks Members for their attendance and participation in making the event a success.