当インスティテュートの貯留担当Principal Manager、欧州と中国において専門知識を提供

01 December 2014

ULTimate CO2 会議における貯留研究に関する発表

ULTimate CO2 の第3回総会会合が、11月5−6日にコペンハーゲンで行われました。現在最終年にあるこのプロジェクトは、欧州連合の第7回Framework Programが資金を提供し、フランスのBRGM(公立地質調査機関; http://www.brgm.eu/)がまとめている、共同CO2貯留研究プロジェクトです。同プロジェクトは、地下における長期CO2貯留に影響を与えるプロセスに関する知識を深め、それらの進歩を長期貯留サイトのパフォーマンスを予測する有効なツールに取り入れるためのベスト・プラクティス・ガイダンスを提供することを目的としています。

各研究者及びパートナー大学によるプレゼンテーションでは、産業とナチュラルアナログ、回収メカニズムにおけるシミュレーション、不確実性分析、井戸の完全性、流体力学における研究成果に焦点が当てられました。

当インスティテュートの貯留担当Principal ManagerであるNeil Wildgustは、六人の第三者専門家パネルの一人として、研究に対するフィードバックと、研究成果の統合と報告を支援するための助言を行いました。

ULTimate CO2 プロジェクトに関する更なる詳細はこちらをご覧下さい。

CCUS-EORAPEC専門家ワークショップの議題に

APECのエネルギー作業部会とクリーン化石エネルギーに関する専門家グループが組織したワークショップが、11月11日、北京の中国人民大学で行われました。

Neil Wildgustは同イベントで二つのプレゼンテーションを行い、最初のプレゼンテーションではモニタリング技術に重点を置いて、 CO2 -EORと塩水層貯留を取り上げました。二つ目のプレゼンテーション、「Lessons for Integrated CCUS(統合型CCUSのための教訓)」では、Neilはカナダのプロジェクトについて講演しました。なお、同セッションでは及びEERC(ノースダコタ大学エネルギー環境研究センター)のJohn Harjuが米国のプロジェクトに関して講演されています。

また、華能(Huaneng)クリーン・エネルギー研究所、三聚环保新材料股份有限公司(Beijing Sanju Environmental Protection and New Materials Co.)、 Sinopec、陕西延長石油(集団)有限責任公司(Shaanxi Yanchang)、中国石油大学、北京師範大学、清華大学、中国人民大学(Renmin University)の各代表の方々から、中国のCCUSプロジェクトと、関連の法規制的側面について発表がありました。

中国におけるCCUS及び CO2 -EOR展開についての技術的課題と機会について、講演者と聴衆の間でディスカッションが行われました。

 

Institute's

Storage research presented at ULTimate CO2 Conference

The Third General Assembly meeting of ULTimate CO2 was held 5-6 November in Copenhagen. The project, currently in its final year, is a collaborative CO2 storage research project funded by the European Union’s 7th Framework Program and coordinated by BRGM of France. The project aims to advance knowledge of the processes that influence long term CO2 storage in the subsurface and provide best practice guidance to incorporate these advances into validated tools to predict long-term storage site performance.

Presentations by researchers and university partners highlighted research achievements in industrial and natural analogues, simulation of trapping mechanisms, uncertainty analysis, wellbore integrity and hydrodynamics.

Neil Wildgust, the Institute’s Principal Manager – Storage, was part of a 6-member panel of independent experts that provided feedback on the research and advice to assist the integration and reporting of the findings.

Further details about the ULTimate CO2 project.

CCUS-EOR the subject of APEC Expert Workshop

Renmin University, Beijing hosted an 11 November workshop organised by the APEC Energy Working Group and Expert Group on Clean Fossil Energy.

Neil Wildgust made two presentations at the event, the first covering CO2 -EOR and saline storage, with an emphasis on monitoring technology.  The second, Lessons for Integrated CCUS, included a presentation on Canadian projects, as well as a presentation on US projects by John Harju of EERC.

Representatives from Huaneng Clean Energy Research Institute, Beijing Sanju Environmental Protection and New Materials Co., Sinopec, Shaanxi Yanchang, China Petroleum University, Beijing Normal University, Tsinghua University and Renmin University made presentations on CCUS projects in China and the related legal and regulatory aspects.

The technical challenges and opportunities in deploying CCUS and CO2 -EOR in China were discussed by the presenters and the audience.

 

Principal Manager - Storage offers expertise in Europe and China