インスティテュート主催第13回勉強会、東京で開催

01 December 2014

2014年11月13日、当インスティテュートは、東京で第13回勉強会を開催しました。

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の渡邉和樹氏より、メンバーに向け、CO2を使った石油増進回収(EOR)についてのお話がありました。渡辺氏のご講演は、EORに関する概説から始まり、続いて CO2 -EORの基本的メカニズムや対象となる油田の評価方法など、EORの技術的側面についてのご説明をいただきました。その後、 CO2 -EORの実世界への適用と、さらなる展開のために乗り越えるべき課題についてもお話いただき、最後にこの分野でJOGMECが遂げて来た進展についてご紹介をいただきました。

 

 

そして、当インスティテュート南坊博司日本事務所長は、我々のフラグシップ・レポートである “The Global Status of CCS: 2014”の概要をプレゼンテーションいたしました。その際は、レポート全体の概観に加えて、日本の関する重要な状況についても説明を行いました。すなわち、今回のレポートでは我が国に存在するいくつかの「重要プロジェクト」をフィーチャーしています。そこでこの場では、苫小牧プロジェクト、EAGLE、Course 50、大崎クールジェンの4件について、ケーススタディを紹介しました。

Global Status of CCS: 2014, 南坊博司(プレゼンテーション)

 

当インスティテュートは、当日ご出席いただきまた議論にご参加いただくことで、今回の勉強会を成功に導いていただいた各メンバーの皆様に、感謝を申し上げます。



Institute's 13th Study Meeting held in Tokyo

Members heard from Mr Kazuki Watanabe of Japan Oil, Gas and Metals National Corporation (JOGMEC) on enhanced oil recovery (EOR) using CO2 . He began the lecture with the general explanation over EOR, and then continued to explain the technical aspects, including basic mechanisms of CO2 -EOR and the evaluation methods of targeted oil fields. He then covered real world applications of CO2 -EOR and challenges that must be overcome for further development. Finally, Mr Watanabe presented progress

JOGMEC had made in this field.

The Global CCS Institute’ s Hiroshi Nambo, Country Manager – Japan then presented a summary of our flagship report, The Global Status of CCS: 2014. In addition to an overview of the report, he noted important developments regarding Japan – the 2014 report having highlighted the importance of several ‘notable projects’. He gave short case studies of four such projects: Tomakomai, EAGLE, COURSE 50 and Osaki Coolgen.

Global Status of CCS: 2014, Hiroshi Nambo Presentation

 

The Institute thanks Members for their attendance and participation in making the event a success.