米中合意の発表

01 December 2014

11月11日、米合衆国のバラク・オバマ大統領と中華人民共和国の習近平主席は、気候変動での協力に関し、共同発表を行いました。

両締約国は、気候変動での二国間協力を強化することの重要性を再確認し、共同のクリーンエネルギー研究開発を拡張し、CO2回収・利用・貯留の大規模実証を進めるという二つのコミットメントについて説明しました。

この合意でなされることは、次のとおりです。

  • 共同のクリーンエネルギー研究開発の拡大、特にUS-China Clean Energy Research Center (CERC:米中クリーンエネルギー研究センター)についてのコミットメントを更新し、拡張します。これには、建物の省エネ、クリーン車両、CO2回収・利用・隔離(CCUS)を付設する先進的石炭利用技術、という3つの既存路線に対する新たな資金供与も含まれます。
  • CO2回収・利用・貯留の大規模実証の推進。米国及び中国は、Climate Change Working Group (気候変動作業部会:CCWG)及びCERCでの作業を拡大し、民間部門とパートナーを組み、中国において深部塩水層にCO2を注入して淡水を得る大型CCSプロジェクトを実施します。水の回収能力を向上させたこのCCUSプロジェクトでは、約百万トンのCO2を注入し、年間約140万立方メートルの淡水を生産することが計画されています。

米国と中国は、両国を合わせて、世界の温室効果ガス排出量の3分の1以上を占めており、気候変動への対応では極めて重要な役割を果たします。米国は、温室効果ガス排出量を2025年までに2005年比で26-28%削減するとの目標を発表しており、中国は、2030年ごろ、又はそれ以前にCO2排出量のピークを迎え、全エネルギーに占める化石燃料以外の燃料の割合を2030年までに約20%まで高める意思があると発表しています。両国の行動は、来年のパリでのCOP 21に向け世界の気候交渉を加速させる、と期待されます。

ホワイトハウスの発表

合意の概要報告書

この発表に関するマスコミの記事については、こちらをご参照下さい。

 

US-China agreement announced

On 11 November, United States President Barack Obama and President Xi Jinping of the People’s Republic of China issued a joint announcement on climate change cooperation.

Both parties reaffirmed the importance of strengthening bilateral cooperation on climate change and outlined a commitment to both expand joint clean energy research and development and advance major carbon capture, utilisation and storage demonstrations.

The agreement will:

  • Expand joint clean energy research and development, specifically, a renewed and expanded commitment to the US-China Clean Energy Research Center (CERC). This will include renewing funding for the three existing tracks: building efficiency, clean vehicles, and advanced coal technologies with carbon capture, use and sequestration (CCUS).
  • Advance major carbon capture, use and storage demonstrations. Expanding on work under the Climate Change Working Group (CCWG) and under the CERC, and partnering with the private sector, the US and China will undertake a major CCS project in China to produce fresh water from CO2 injection into deep saline aquifers. This CCUS project with enhanced water recovery is anticipated to inject about 1 million tonnes of CO2 and create approximately 1.4 million cubic meters of freshwater per year.

The US and China play a critical role in addressing climate change, as they together account for over one third of global greenhouse gas emissions. The US announced a target to cut greenhouse gas emissions 26-28% below 2005 levels by 2025, while China announced its intention to peak CO2 emissions around 2030 or earlier and increase its non-fossil fuel share of all energy to around 20% by 2030. It is anticipated that these actions will accelerate global climate negotiations in the run up to COP 21 in Paris next year.

The White House announcement

A fact sheet on the agreement

See media coverage for this announcement