世界のCCSの動向イベント、アブダビで開催

01 December 2014

Global CCS Instituteによる第9回目の国際メンバー向けイベントが11月5-6日、アラブ首長国連邦・アブダビで開催されました。イベントでは、国際的に活躍されている講演者の方々が、CCS業界の最新動向についてそれぞれご紹介をされました。2014年プログラムはこちらからご覧下さい。

気候変動に取り組むための技術ポートフォリオの一部としてCCSを取り入れることが極めて重要であること、COP20及び21に先駆けて強い政策的支援が必要なこと、そして、技術進歩がいかに将来の進展を支えるか等のテーマがイベント全体を通じて強く掲げられました。また、湾岸地域におけるCCS展開に関する、貴重な見識も紹介されました。

当アブダビは、当インスティテュートの本年版フラッグシップレポート「The Global Status of CCS: 2014(世界のCCSの動向:2014」の発表地でもあり、多数の国際メディアや業界の注目を集めました。当インスティテュートのCEO、Brad Pageは、このイベントの初日に、自身のプレゼンテーションを通して同報告書を正式に発表しました。報告書はこちらからご覧いただけます。

アブダビでのイベントで行われた講演者の方々によるプレゼンテーションは、以下よりご参照ください:

 

Global Status of CCS: 2014(世界のCCSの動向:2014)の発表及び論評パネル

Brad Page – Global CCS Institute

Julio Friedmann博士 – US Department of Energy (米国エネルギー省)

I-Tsung Tsai氏 – Masdar Institute(マスダール・インスティテュート)

 

湾岸地域におけるCCSにスポットライトを当てる

Ali Al-Meshari博士 – Saudi Aramco(サウジアラムコ)

Martin Blunt教授 – Qatar Carbonates and Carbon Storage Research Centre(カタール炭酸塩・炭素貯留研究センター)

Mohammad Abu Zahra博士 – Masdar Institute(マスダール・インスティテュート)

Robin Mills氏 – Manaar Energy Group(マナール・エネルギー・グループ)

 

主要プロジェクトの紹介

Wang Rui博士 – Sinopec(シノペック)

Paul Crooks氏 – Masdar Clean Energy(マスダール・クリーン・エネルギー)

Tim Bertels氏 – Shell International(シェル・インターナショナル)

Seong Jegarl博士 – KEPCO Research Institute(韓国電力公社電力研究院)

 

EORに関する地域的展望

Bob Alford氏 - Maersk Oil(マースク・オイル)

Shen Pingping教授 – China National Petroleum Corporation(中国石油天然気集団:CNPC)

Michael Moore氏 – North American Carbon Capture and Storage Association(北米CCS協会)

 

世界気候アジェンダにおけるCCS

Amy Clemitshaw氏 – UK Department of Energy and Climate Change(英国エネルギー・気候変動省)

Juho Lipponen氏 – International Energy Agency(国際エネルギー機関)

中山寿美枝氏 – J-Power(電源開発株式会社)

 

このイベントについてのご意見、または、当インスティテュートによる今後のイベント、ウェビナー、または報告書発表の告知をご希望なさる場合は、次のメールアドレスにご連絡ください: events@globalccsinstitute.com

 

 

Global Status of CCS event held in Abu Dhabi

The Global CCS Institute's ninth international Member event was held in Abu Dhabi on 5-6 November. The program featured a series of leading international speakers showcasing the latest developments in the CCS arena. View the 2014 program.

Strong themes were evident throughout the event, including the vital importance of CCS as part of the portfolio of technologies to tackle climate change, the need for strong policy support in the lead-up to COPs 20 and 21, and how technological advances will underpin future advancement. There were valuable insights into CCS developments in the Gulf region.

Abu Dhabi also served as the launch point for this year's edition of the Institute's flagship report, The Global Status of CCS: 2014, which attracted substantial international media and industry attention. CEO Brad Page formally launched the report via his presentation on Day 1 of the event. View the report.

We are pleased to now publish speaker presentations delivered at the Abu Dhabi event:

 

Launch of the Global Status of CCS: 2014 and commentary panel

Brad Page – Global CCS Institute

Dr Julio Friedmann – US Department of Energy

I-Tsung Tsai – Masdar Institute

 

Spotlight on CCS in the Gulf region

Dr Ali Al-Meshari – Saudi Aramco

Professor Martin Blunt – Qatar Carbonates and Carbon Storage Research Centre

Dr Mohammad Abu Zahra – Masdar Institute

Robin Mills – Manaar Energy Group

 

Showcasing leading projects

Dr Wang Rui – Sinopec

Paul Crooks – Masdar Clean Energy

Tim Bertels – Shell International

Dr Seong Jegarl – KEPCO Research Institute

 

Regional perspectives on EOR

Bob Alford  Maersk Oil 

Professor Shen Pingping – China National Petroleum Corporation (CNPC)

Michael Moore – North American Carbon Capture and Storage Association

 

CCS on the global climate agenda

Amy Clemitshaw – UK Department of Energy and Climate Change

Juho Lipponen – International Energy Agency

Sumie Nakayama – J-Power

 

If you have any further feedback on the event, or would like to be notified of future Institute events, webinars or report launches, contact events@globalccsinstitute.com