Spotlightシリーズ(米国)

01 April 2015

このSpotlightシリーズでは、重要な会議、政府や業界からの通知、重要な執行業務上の変更など、世界におけるCCS業界での特筆すべき展開にスポットを当てて参ります。第1回のspotlightレポートでは、米国に焦点を当てます。

2015年3月の1ヶ月間に、米国のCCS業界では、以下にまとめましたとおり、いくつかの変化がありました。

  • David Mohler氏が、米エネルギー省(DOE)化石エネルギー局のクリーンコール及び炭素管理担当副次官補に任命されました。 Mohlershi氏は上級副社長及び最高技術責任者を務めたDuke Energy社から、DOEに着任します。同氏はJulio Friedmann氏の後任であり、Friedmann氏は化石エネルギー局の主席次官補代理に就任する予定です。
  • Heidi Heitkamp (ノースダコタ選出民主党)米上位員議員が、第114回議会において自身のAdvanced Clean Coal Technology Investment in Our Nation(先進クリーンコール技術投資:ACCTION)法案を再提出しました。この法案は、連邦資金供与プログラムを通じてユーティリティ企業が石炭火力発電所のカーボン・フットプリントを削減する技術に投資するようインセンティブを与えようというものです。この法案にはまた、民間投資に対する連邦支援と、米国において将来行われるCCSプロジェクトを最も良くサポートする方法についての提案を記した議会への報告書に関する規定も含まれています。 この法案は、Tim Kaine (ヴァージニア州選出民主党)上院議員と共同提案されたものです。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。https://www.congress.gov/bill/114th-congress/senate-bill/601.
  • 新たに結成されたCongressional Carbon Dioxide Enhanced Oil Recovery ( CO2 -EOR) Caucus(連邦議会 CO2 -EOR幹部会)の共同議長であるMichael Conaway (テキサス州選出共和党)、Marc Veasey (テキサス州選出民主党)、Gregg Harper (ミシシッピ州選出共和党)の三上院議員が、3月17日に議会における同集会の発足イベントを主催しました。この超党派の幹部会は、産業界、ENGO(環境NGO)、学術界、連邦・州政府から専門家を招いて年4回の集会を開催することを目的としており、下院議員に対して CO2 -EORの経済的・環境的便益についての教育を行うものです。
  • CCS Allianceは、3月13日に、CCSとCO2の利用機会に関して議会スタッフに対するブリーフィングを行い、CCS/CCUS技術の状況、将来のエネルギー生産と気候目標達成におけるその役割、CCS/CCUS政策における優先事項について説明を行いました。この会合でのプレゼンテーションは、以下のリンクからご覧いただけます。http://www.ccsalliance.net/staffbriefing/

 

 

Spotlight on the US

The Spotlight series will highlight noteworthy industry developments in the international CCS industry including important meetings, government and industry announcements and changes to key executive roles. This first spotlight report focuses on the United States (US).

During the month of March, 2015, several changes took place within the CCS industry in the US. These are recapped below:

  • David Mohler has been appointed Deputy Assistant Secretary for Clean Coal and Carbon Management in the US Department of Energy’s Office of Fossil Energy. Mohler comes to DOE from Duke Energy, where he served as senior vice president and chief technology officer. He will replace Dr Julio Friedmann, who will assume the position of Principal Deputy Assistant Secretary for Fossil Energy.
  • US Senator Heidi Heitkamp (D-North Dakota) has re-introduced her American Clean Coal Technology Investment in Our Nation (ACCTION) Act in the 114th Congress, a bill that would incentivize utilities companies to invest in technologies that reduce the carbon footprint of coal-fired power through federal funding programs. The bill also includes provisions for federal support for private investment and reports to Congress that provide recommendations on how to best support future CCS projects in the US. The proposed legislation is co-sponsored by US Senator Tim Kaine (D-Virginia). For further information, see: https://www.congress.gov/bill/114th-congress/senate-bill/601.
  • US Representatives Michael Conaway (R-Texas), Marc Veasey (D-Texas) and Gregg Harper (R-Mississippi), co-chairs of the newly formed Congressional Carbon Dioxide Enhanced Oil Recovery ( CO2 -EOR) Caucus, hosted a March 17th launch event on Capitol Hill. The bipartisan caucus, which aims to host quarterly events with experts from industry, ENGOs, academia and Federal and State governments, will educate House colleagues on the economic and environmental benefits of CO2 -EOR.

The CCS Alliance held a 13 March Congressional staff briefing on CCS and opportunities for utilisation of CO2 to clarify the status of CCS/CCUS technology, its role in future energy production and meeting of climate goals, and CCS/CCUS policy priorities. Presentations from the meeting can be found at: http://www.ccsalliance.net/staffbriefing/