日本政府、CCS調査において前進

04 March 2015

2011年の福島における原子力事故以来、日本は化石燃料発電への依存を深め、CO2排出量を増加させることとなりました。2010年から2013年までの間に、日本の電力部門における排出原単位は0.413kg-CO2/kWhから0.570kg-CO2/kWhに増加し、日本の総排出量は12億8600万トンから13億9500万トンに増加しています。

日本政府は現在、経済産業省と環境省を通じ、CCSの将来的な役割など、日本の気候及びエネルギー政策枠組について精査を行っています。

2月12日、グローバルCCSインスティテュート協力の下、環境省が世界のCCS政策と市民参加における最新の展開について分析する国際シンポジウムを、東京で開催しました。このシンポジウムには、英国気候変動エネルギー省や米エネルギー省から講演者を招き、200人の方々の参加がありました。

このシンポジウムは、環境省が出資する「持続可能なCCS技術導入に向けたF/S調査」に対して情報提供するものとなります。このF/S調査は、以下4つの重要な要素から構成されています。

  1. CO2回収プロセスの環境影響の評価
  2. シャトルシップによる輸送・注入システムの研究
  3. CCS導入のための社会的・経済的基盤
  4. CCSプロジェクト全般に亘る設計

この環境省のF/S調査は、日本国内の沖合CO2貯留サイト候補について調査する環境省・経済産業省実施の共同事業を補完するものです。

シンポジウムと日本政府によるCCSプロジェクトの詳細については、グローバルCCSインスティテュート日本事務所までお問い合わせ下さい。

 

Japan Government progresses CCS investigations

Since the Fukushima nuclear accident in 2011, Japan has increased its reliance on fossil fuel generated electricity, leading to an increase in its CO2 emissions. Between 2010 and 2013 the emissions intensity of the Japanese electricity sector increased from 0.413kg to 0.570 CO2 /kWh while Japan’s total emissions increased from 1.286 Mt to 1.395 Mt.

The Japanese Government through the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) and the Ministry of Environment (MoE), is currently examining Japan’s climate and energy policy framework, including the future role of CCS.

MoE, supported by the Global CCS Institute, held an international symposium on 12 February in Tokyo to examine the latest developments in CCS policy and public engagement around the world. Speakers included the UK Department of Climate Change and Energy and the US Department of Energy. The forum was attended by 200 people.

This symposium will be an input into the MoE funded “Feasibility Study for the introduction of Sustainable CCS Technology”. This Feasibility Study has four key components:

  1. Evaluation of the environmental impacts of CO2 capture processes
  2. Study of Shuttle Ship Transportation and Injection System
  3. Social and Economic groundwork for introduction of CCS
  4. Design of integrated CCS projects

 

The MoE project complements the joint work being conducted by MoE and METI investigating potential offshore CO2 storage sites in Japan.

The Institute’s Japan Branch Office can provide further details on the Symposium and Japanese Government CCS projects.