インスティテュート、第15回日本勉強会を開催

14 April 2015

グローバルCCSインスティテュートは、2月26日、東京で第15回日本勉強会を開催し、メンバーに対し、日本のCO2貯留サイトに関する分析と、次回のUNFCCC COP21会合の二件について、最新の展開に関する情報と専門家意見の提供を行いました。

日本では頻繁に地震が起こるため、そのような地質学的環境においてCO2注入をどのように行うことができるかを理解すべく、日本政府と多くの学術研究機関が研究資源を投入してきました。日本政府はこのたび、経済産業省と環境省を通じ、地震帯の外側に位置するCO2注入サイト候補についての調査研究を実施しました。

九州大学カーボン・ニュートラル・エネルギー国際研究所(I²CNER)の辻健教授からは、日本のCO2地層貯留サイトの選定方法と特性化方法についてご発表をいただき、政府による貯留関係の研究についてもお時間を割いてご説明いただきました。.

(有)クライメート・エキスパーツのシニア・リサーチ・フェローである松尾直樹先生には、UNFCCCに関する議論を主導していただきました。日本政府は、現在、CCSの役割など、日本の気候・エネルギー政策枠組について調査を行っており、COP21の結果はその調査に影響を与えることになります。松尾先生には、COP20の結果とCOP21で予想される成果についてもお話いただきました。

プレゼンテーションへのリンクは講演者ごとに以下のとおりです。

 

COP20の成果と意味  松尾直樹先生 クライメート・エキスパーツ代表

http://www.slideshare.net/globalccs/matuo

 

日本周辺での CO2 地中貯留のポテンシャルと課題:I²CNERの取り組み 辻健先生

http://www.slideshare.net/globalccs/tsuji

 

これらの議論の詳細については、グローバルCCSインスティテュート日本事務所及び同事務所代表の南坊博司までお問い合わせ下さい。

松尾直樹先生

 

辻健先生

 

南坊博司日本事務所長



 

 

Institute hosts 15th Japanese Study Meeting

The Global CCS Institute held the 15th Japanese Study meeting on 26 February in Tokyo to provide the latest developments and expert commentary to Members on two issues: an analysis of Japanese CO2 storage sites and the upcoming UNFCCC COP21 meeting.

Japan experiences frequent earthquakes. As such, the Japanese Government and many academic institutions have invested research resources into understanding how CO2 injection could operate in this geological environment. The Japanese Government, through the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) and the Ministry of Environment (MoE), has recently undertaken a study that will examine potential CO2 injection sites located outside of the earthquake zone.

Professor Takeshi Tsuji, International Institute for Carbon-Neutral Energy Research (I²CNER) Kyushu University presented on the methods of selecting and characterising a CO2 geological storage site in Japan. He also spent time explaining the Government storage study.

Dr Naoki Matsuo, Chair and Senior Research Fellow – Climate Experts Ltd led the discussion on the UNFCCC. The Japanese Government is currently examining Japan’s climate and energy policy frameworks, including the role of CCS. The outcomes of COP21 will have an influence on this review. Dr Matsuo’s spent some time discussing the results of COP20 and the potential outcomes of COP21.

For further details on these discussions please contact the Institute’s Japan office and branch representative Hiroshi Nambo.