欧州機関に注目

04 May 2015
Japan

CCSクラスターが欧州気候・経済目標を達成する重要性

4月28日、European Industrial CCS Clusters(欧州産業CCSクラスター)がフランス、Strasbourg(ストラスブール)で集まり、欧州議会の議員らにブリーフィングを行いました。英国労働党の欧州議会議員(MEP)であるTheresa Griffin氏及びJude Kirton-Darling氏が企画したブリーフィングでは、工業地域における脱炭素化オプションとしてのCCSの重要性、そして産業CCSを実現させるものとして戦略的輸送インフラの潜在的役割について説明しました。

ブリーフィングには環境グループや社会民主進歩同盟(S&D)の代表を含む、多国籍及び超党派的議員グループが出席しました。

英国におけるTeesside Collective、そしてオランダにおけるROAD project のプレゼンテーションは、欧州の工業地域におけるCCSの進展について議員達と議論する機会となりました。これらのCO2ハブは、欧州におけるCCS成功における足掛かりの好例であり、全ての排出者に恩恵をもたらすものです。排出源の多くは、現在、地理的に固まって存在しており、その一部は広大な地中CO2貯留地の近くに位置しています。

両発表者の要点は、ますます炭素排出が制約されていく世界において、産業CCSが欧州の工業発展を実現させ、それを維持させる可能性を秘めていること、そして、産業CCSが欧州にとってのCCSの価値をあらためて位置付けする建設的な手段を提供できるということでした。

当インスティテュートは会議の開催を支援し、またこれらイベントに参加しました。当インスティテュートの欧州・中東・アフリカ担当ジェネラルマネージャー、Andrew Purvisは「戦略的にCCSの規模が拡大し、インフラの共有が進むことはは、欧州CCS戦略の鍵となる要素だという認識はますます強まってきており、今日、この場で説明された展開は重要かつ刺激的であった」「CCSの規模拡大とインフラの共有は、欧州が費用を削減し、産業競争力を維持し、かつ雇用創出産業を誘致し維持する主要な機会である。」と述べました。

英国Tees Valley(Teesside Collective)やオランダ、ロッテルダム(Rotterdam Climate Initiative)における先進的取り組みに加え、CCS産業のハブとなりうる可能性は欧州全体に存在しています。他にも、英国Yorkshire and Humber(National Grid)、ベルギーのアントワープ、そして中央・東部スコットランド(Scottish Enterprise and Scottish Carbon Capture & Storage)において取り組みが進められています。これらのCCSハブ作りの取り組みを成功させることは、将来における工業プロセス及び製品の脱炭素化にとって極めて重要です。

 

Cañete委員との会議

4月29日、Andrew Purvis(当インスティテュート欧州・中東・アフリカ担当ジェネラルマネージャー)はEuropean CCS Community(欧州CCSコミュニティ)の他の代表者らと共にMiguel Arias Cañete気候行動・エネルギー担当委員(Climate Action and Energy Commissioner)と会議を行いました。会議にはAndrew Purvisに加え、Graeme Sweeney博士(ZEP議長)、Frederic Hague氏(Bellona Foundation創立者)、そして元MEPでありCCSのラポルタールでもあるChris Davies氏が参加し、欧州エネルギー連合戦略を実現させる鍵であるCCSについて議論しました。

ミーティングで代表者らは、次の事項においてCCSが担う重要な役割について議論しました。:

  • 気候変動の緩和費用の削減
  • 競争力ある脱炭素化の実現
  • 雇用の創出と維持
  • 気候目標がある中でのエネルギー安全保障と成長の調和

Andrew Purvisの発言。「欧州エネルギー連合戦略を実現させるためにCCSが担わねばならない重要な役割を擁護するにあたって、Cañete委員は有意義かつ歓迎すべきリーダーシップを示しました。当インスティテュートは、同委員によるアブダビCCSプロジェクト訪問成功の一助となれたことを嬉しく思っております。また当インスティテュートは欧州全体のCCS利害関係者との建設的かつ協力的作業に熱心に取り組んでいます。この会議は、欧州CCSコミュニティが一堂に会し、最も低コストで脱炭素化を実現させるための低炭素技術ポートフォリオの一部としてCCSが担わねばならない役割について全員の意見が一致したことから、意義深いものとなりました。当インスティテュートは今後もCañete委員を支援すべく引き続き協力し、関係を強化してまいりたいと思います。



 

 

Focus on the European Institutions

The importance of CCS Clusters to meeting Europe’s climate and economic goals

On 28th April, European Industrial CCS Clusters met in Strasbourg to deliver a briefing to Members of the European Parliament. Initiated by the UK Labour Members of the European Parliament (MEPs) Theresa Griffin and Jude Kirton-Darling, the briefing addressed the importance of CCS as a decarbonisation option for industrial regions and the potential role of strategic transport infrastructure as an enabler of industrial CCS.

The briefing was attended by an international and cross-party group of Parliamentarians, including representatives from the Green and Socialists and Democrats (S&D) Groups.

Presentations by Teesside Collective in the UK and the ROAD project in the Netherlands offered an opportunity to discuss progress on CCS in industrial regions in Europe with the Members of the Parliament. These CO2 hubs are good examples of the stepping stones for CCS in Europe and they can benefit all emitters. Many of these sources are currently located in geographic clusters and some are close to extensive geological CO2 storage opportunities.

Both speakers made the point that Industrial CCS has the potential to enable and maintain European industrial development in an increasingly carbon-constrained world and that Industrial CCS can provide a positive means of re-positioning the value of CCS for Europe.

The Institute supported the organisation of the meeting and participated at the event. “The development of strategically sized, shared infrastructure is being increasingly recognised as a key element of Europe’s CCS strategy, and the developments described here today are both significant and exciting” said Andrew Purvis, the Institute’s General Manager EMEA, “both represent leading opportunities for Europe to reduce costs, maintain industrial competitiveness, and to attract and maintain job creating industries”.

In addition to the Tees Valley (Teesside Collective), and Rotterdam (Rotterdam Climate Initiative) initiatives, potential exists for CCS Industrial hubs across Europe. Other initiatives are being developed in Yorkshire and Humber (National Grid), Antwerp, and central and eastern Scotland (Scottish Enterprise and Scottish Carbon Capture & Storage). Securing delivery of these hub initiatives will be vital to future decarbonisation of industrial processes and products.

 

Meeting with Commissioner Cañete

On 29th April, Andrew Purvis (GM EMEA) joined other representatives of the European CCS Community to meet with Miguel Arias Cañete, the Climate Action and Energy Commissioner. In the meeting Andrew was joined by Dr Graeme Sweeney (Chair, ZEP), Frederic Hague (Founder, Bellona Foundation) and former MEP and CCS Rapporteur Chris Davies to discuss CCS as a key enabler of Europe’s Energy Union strategy.

During the meeting, the delegation discussed the essential role that CCS can play in

  • Reducing the cost of Climate Change mitigation
  • Enabling competitive decarbonisation
  • Job creation and preservation
  • Reconciling energy security and growth with climate objectives.

Andrew said “Commissioner Cañete has shown significant and welcome leadership in his championing of the critical role that CCS must play in delivering Europe’s Energy Union Strategy. The Institute was pleased to be able to assist the commissioner in facilitating his recent visit to the Abu Dhabi CCS project, and we are committed to working constructively and collaboratively with CCS stakeholders from across the region. This meeting was important as it saw Europe’s CCS community come together and speak with one voice about the role CCS must play as part of a portfolio of low carbon technologies to deliver decarbonisation at lowest cost. We will continue to work together to support Commissioner Cañete in his vital work and look forward to further engagement.”