バルト海地域における弾みを保つ

04 May 2015
Japan

エストニアの首都、Tallinn市では、4月、Baltic Carbon Forum 2015(バルト海カーボン・フォーラム2015)が開催され、バルト海沿岸地域各国から優れたCCS専門家達が結集しました。

この地域会議は、Baltic Sea Region Energy Co-operation (バルト海地域エネルギー協力:BASREC)とNordic Council of Ministers(北欧閣僚理事会)の後援によるもので、バルト海地域でのCCSの展開を支援する目的で創設されたCCS Expert Network(CCS専門家ネットワーク)を強化する機会となりました。

非常に広範囲の国々や専門分野から30名を超える参加者が集まるなど、この地域における早期のCCS開発支援に対する関心は明白で、また心強いものです。

BASREC、Nordic Council of Ministers及び当インスティテュートによる基調講演に加え、このグループでは次の問題が議論されました。

  • この地域で行われている数々の研究イニシアティブに関する最新情報
  • 上記ネットワークのプロジェクト提案に対し資金供与の機会となりそうなものの概要
  • North German Basin(北ドイツ盆地)の3Dモデル化など、広範な研究分野
  • Gotland(ゴットランド)で計画されているサイトの特性調査活動
  • ロシアのpetroleum research exploration institute (石油研究探査機関:VNIGRI)ににおいて現在行われている研究活動
  • BASTOR2 project及びNORDIC CCS Researchで出てきた越境的協調及び地域協力に関する重要な学習事項

この会議のプログラムに合わせ、CCS Expert Networkは、次の3点に注力する専門家ネットワークのタスクフォース創設会議を開催しました。

  1. 地中貯留
  2. 輸送
  3. コミュニケーション

Per Arne Nilsson氏 (スウェーデン) を議長として、2015年の暫定コアグループが設置されました。CCS Expert Networkは、2015年10月/11月にポーランドで開催される第2回バルト海カーボン・フォーラムの開催に向け努力することで合意しました。第3回フォーラムは、2016年4月20-21日の予定です。

この専門家ネットワークは、現在も関心のある方々の参加を受け付けています。詳しい情報については、Network website(ネットワークのホームページ)をご覧いただくか、Network事務局長のPeter Molanderまでご連絡ください。



 

 

Maintaining momentum in the Baltic Sea region

The Estonian capital Tallinn played host to an impressive collection of carbon capture and storage (CCS) experts from the countries surrounding the Baltic Sea in April for the Baltic Carbon Forum 2015.

This second regional conference supported by the Baltic Sea Region Energy Co-operation (BASREC) and the Nordic Council of Ministers, provided an opportunity to strengthen the CCS Expert Network created to support the deployment of CCS in the Baltic Sea Region.

Attracting over 30 participants from an impressive spread of countries and disciplines, the interest in supporting early CCS developments in this region are clear and encouraging.

In addition to keynotes from BASREC, the Nordic Council of Ministers and the Global CCS Institute, the group reviewed:

  • updates on a number of research initiatives taking place in the region,
  • an overview of potential funding opportunities for project proposals for the Network,
  • a wide range of research areas including 3D-modelling in the North German Basin,
  • site characterisation activities being planned for Gotland,
  • the current research activities of Russia’s petroleum research exploration institute (VNIGRI), and
  • important lessons about cross border collaboration and regional co-operation emerging from the BASTOR2 project and NORDIC CCS Research.

Alongside the conference program, the Network held inaugural Task Force meetings around the three focal points of the Expert Network:

  1. Geological Storage
  2. Transport
  3. Communication

An interim core group was appointed for 2015, chaired by Per Arne Nilsson (Sweden) (Link to Per Arne’s profile). The Network agreed to work towards a second Baltic Carbon Forum to be held in Poland October/November 2015. A third Forum is expected on 20-21st April 2016.

The Expert Network is still open to interested participants, for more information visit the Network website or contact the Network Secretary Peter Molander