Spotlightシリーズ(米州)

06 May 2015
Tokyo

C2ES、Carbon Pricing and Clean Power Solutions フォーラムを開催

2015415: 州の環境関連部門トップ、経済・法律専門家、ビジネス・リーダー達が、ワシントンD.C.で行われた気候エネルギーソリューション・センター(Center for Climate and Energy Solutions:C2ES)Carbon Pricing and Clean Power Solutions Forumに集結し、EPAのクリーン電力計画(Clean Power Plan)の実施に対する市場ベースのアプローチについて話し合いました。

各州には様々な政策オプションがあるものの、多くの州が効果的かつ効率的に発電所から出るCO2を削減するために、炭素に価格付けを行うことを検討しています。炭素取引や税収中立型炭素税のような市場ベースのメカニズムは、非常にコスト効果の高い排出削減方法であると考えられており、規則発効の際には市場に対する準備を整えておけるよう、多くの州が積極的に産業界と協力してこれらのオプションを模索しています。

映像はこちらからご覧いただけます。

 

David Mohler氏、米国石炭協会会合で講演

201547: 新役職着任後わずか3週間の米エネルギー省(DOE)化石エネルギー局クリーン・コール及び炭素管理担当副次官補、David Mohler氏が、ワシントンD.C.で行われた4月4−8日の米国石炭協会(National Coal Council)春の年次会合で開会基調講演を行いました。

産官学の石炭関係者である聴衆へのスピーチで、Mohler氏は発電所老朽化、エネルギーを必要とする発展途上国、グリッド近代化への重点、ビジネスモデルの転換、米国の政治的展望など、エネルギー部門が現在直面する課題についてあらましを語りました。

しかし、見通しは多難であるものの、Mohler氏はDOE支援のCCSプロジェクトにより画期的な1,000万トンのがなされたこと、米国石油生産の5%がEORによるものであること、CCS開発及び展開への橋渡しとしてEORが利用されていることなど、いくつかの明るい話題についても強調しました。Duke Energyの元役員であるMohler氏は、税控除、規制上の確実性、(長期貯留のための)保険、炭素に対する「ポジティブな」価格付けという形で、CCSへの政策的支援が必要であることに触れました。

 

米エネルギー省支援によるプロジェクト、1,000万トンのCO2を回収貯留

2015422: 米エネルギー省(DOE)は、DOEの支援するCCSプロジェクト群が無事1,000万トンのCO2回収貯留を行ったと発表しました。

この画期的偉業は、Regional Carbon Sequestration Partnership Initiative (地域別炭素隔離パートナーシップ・イニシアティブ:RCSPI)とIndustrial Carbon Capture and Storage Major Demonstrations (産業界CO2回収貯留:ICCS) のプログラムによる成果です。

これらのプロジェクトのうち2件で、画期的偉業が成し遂げられました。

  1. テキサス州Port ArthurのAir Products and Chemicals社のプロジェクトでは、水素製造に使用される2基の最新型メタン改質装置により約200万トンのCO2が回収されました。回収されたCO2は、EOR利用のためパイプラインで輸送されます。
  2. エタノール・プラントから排出されるCO2を回収するDecaturプロジェクトでは、このたび、100万トンのCO2回収貯留という画期的偉業を達成しました。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

パリでのCOP21気候交渉に向け、控えめな楽観

4月23日の気候エネルギーソリューション・センター(Center for Climate and Energy Solutions:C2ES)フォーラムでThe Path to Paris: National Perspectives on a New Global Climate Agreement(パリへの道:新たな国際気候合意に関する各国の視点)についてのスピーチを行った気候交渉担当官らは、来るパリでのCOP21について慎重な楽観的姿勢を示しました。

交渉プロセスには課題や問題が山積しているものの、2014年の米中気候変動対策共同声明 (US-ChinaJoint Announcement on Climate Change)及び特に米国・中国・欧州連合が示したリーダーシップは、合意に達しようという政治的意志を反映していると、交渉担当官らは述べました。

 

 

Spotlight on the Americas

 

C2ES hosts Carbon Pricing and Clean Power Solutions Forum

15 April 2015: State environmental directors, economic and legal experts, and business leaders met in Washington, DC at a Center for Climate and Energy Solutions (C2ES) Carbon Pricing and Clean Power Solutions Forum to discuss market-based approaches to the implementation of the EPA’s proposed Clean Power Plan.

While states have many policy options, many are considering putting a price on carbon to effectively and efficiently reduce carbon emissions from power plants. Market-based mechanisms such as carbon trading and a revenue-neutral carbon tax are considered to be a highly cost-effective way to reduce emissions, and many states are actively working with the business community to explore these options so they can be more “market ready” when the rule goes into effect.

Videos can be found here.

 

David Mohler headlines National Coal Council meeting

7 April 2015: Just three weeks into his new role, David Mohler, the US Department of Energy’s (DOE) Deputy Assistant Secretary of Clean Coal and Carbon Management in the Office of Fossil Energy, gave the opening keynote address at the National Coal Council’s 7-8 April annual spring meeting in Washington, DC.

Speaking to an audience of coal stakeholders from government, academia, and industry, Mohler outlined the challenges currently facing the energy sector. This included aging power plants, a developing world in need of energy, the focus on grid modernisation, changing business models and the US political landscape.

But despite the challenging outlook, Mohler highlighted some good news, including the landmark 10 million metric tonnes of CO2 captured and stored by DOE-supported CCS projects, the 5% of US oil production attributed to enhanced oil recovery (EOR), and the use of EOR as a bridge to the development and deployment of CCS. Mohler, a former Duke Energy executive, cited the need for policy support for CCS in the form of tax credits, regulatory certainty, insurance (for long term storage) and a “positive” price on carbon.

 

US DOE-supported projects capture, store 10 million tonnes CO2

22 April 2015: The US Department of Energy (DOE) announced that a group of DOE-supported CCS projects have safely captured and stored 10 million metric tons of CO2 .

This landmark achievement is the result of CO2 captured and stored by projects in the Regional Carbon Sequestration Partnership Initiative (RCSPI) and Industrial Carbon Capture and Storage Major Demonstrations (ICCS) programs.

Two of those projects have reached significant milestones:

  1. The Air Products and Chemicals project in Port Arthur, Texas has captured nearly two million metric tons of CO2 from two state-of-the-art methane reformers used to produce hydrogen. The captured CO2 is transported via pipeline for use in enhanced oil recovery.
  2. The Decatur project, which captures emissions from an ethanol plant, recently reached a milestone of 1 million metric tons of CO2 captured and stored.

Read more here

 

Tempered optimism in lead up to COP21 climate talks in Paris

Climate negotiators speaking at a 23 April Center for Climate and Energy Solutions (C2ES) forum on The Path to Paris: National Perspectives on a New Global Climate Agreement were cautiously optimistic about the upcoming COP21 in Paris.

Although the process is rife with challenges and complexities, they noted, the November 2014 US-China Joint Announcement on Climate Change and the leadership shown by the US, China and European Union in particular reflect a political will to reach an agreement.