インドネシアのCCS Gundihプロジェクト

01 May 2015

インドネシアでは初めてのものとなるかもしれないパイロット規模CCSプロジェクトの実現可能性調査が、このたび終了しました。Gundihプロジェクトとして知られる、ジャワ島中部に位置するこのパイロットプロジェクトは、将来、規模が拡大される可能性もあります。

この実現可能性調査は、バンドン工科大学(Bandung Institute of Technology)がアジア開発銀行(当インスティテュートはその主要出資者)及び日本国際協力機構(JICA)の資金を受け行ったものです。

Gundihプロジェクトは、パイロット規模の段階では、 Pertamina(プルタミナ)のガス精製工場から回収したCO2を利用し、これを近接する枯渇ガス田に運び、注入する計画となっています。

JICAは、このプロジェクトに対し更なる資金拠出を約束しており、ADBは、プロジェクトの実施に向けた資金供与を検討するため、適正評価を行っています。

2015年4月24日、インドネシアのバンドン工科大学(Bandung Institute of Technology)のRachmat Sule博士とFarah Mulyasari博士は、当インスティテュート及びオーストラリアに本拠をおくメンバーに対し、インドネシアのCCS Gundihプロジェクトの実現可能性調査と同プロジェクトにおける初期の一般市民参加に関するプレゼンテーションを行いました。

これらのプレゼンテーションの主なメッセージは、Rachmat Sule博士及びFarah Mulyasari博士による当インスティテュートのウェブサイト、Insightsのページにまとめられています。



 

Indonesia’s CCS Gundih Project

A feasibility study has recently been completed for what might be Indonesia’s first pilot-scale carbon capture and storage (CCS) project. Known as the Gundih Project and located in Central Java, the pilot project can also be scaled up in the future.

The feasibility study was undertaken by the Bandung Institute of Technology, with funding from the Asian Development Bank (of which the Institute is a major donor) and the Japan International Cooperation Agency (JICA).

The Gundih Project plans on utilising CO2 captured from a Pertamina gas processing plant and, during the pilot phase, truck it to a near-by depleted gas field for injection.

JICA have committed further funding for the project, and the ADB are undertaking due diligence to consider funding for project implementation.

On April 24 2015, Dr Rachmat Sule and Dr Farah Mulyasari from the Bandung Institute of Technology in Indonesia gave the Global CCS Institute and Australian-based Members a presentation on the feasibility studies of Indonesia’s CCS Gundih Project, and the project’s early public engagement work.

The key messages from the presentations are summarised in Insights by Dr Rachmat Sule and Dr Farah Mulyasari.