地下貯留の長期的責任 – パリ・ワークショップ

04 May 2015
Japan

2015年4月20-21日、当インスティテュート及びInternational Energy Agency(国際エネルギー機関:IEA)は、長期的責任問題について検討するため、パリにおいて専門家グループ・ワークショップを共同開催いたしました。このワークショップでは3つの中心的問題に焦点が当てられました。

  1. 責任に関する現行の研究及びプロジェクト・レベルでの経験についての見直し
  2. 当問題の性質及び規模の評価、並びに可能な解決策についての議論
  3. まだ責任モデルを形成していない政府に対する提言の提示

このワークショップは招待者のみを対象としたイベントであり、世界の複数の国や地域における産官学の専門家が集まりました。ワークショップ参加者は2日間に亘り数々のプレゼンテーション、またファシリテーター付きのディスカッションに参加しました。ディスカッションの多くは、当インスティテュートが2014年11月に発表したcomparative study on legal liability(法的責任に関する比較調査)など、主催者である両機関が発表した最近の研究を中心に行われました。また、会議は「Chatham House Rules(チャタムハウスルール)」のもとに行われ、参加者間で詳細かつ率直な意見交換がなされました。

詳細なワークショップ報告書は、ワークショップ参加者と協議の上、IEA及びGlobal CCS Instituteによって近日中に共同作成され、両機関によって今年後半に発行される予定です。ワークショップから生まれ、報告書に記された分析や提言が、両機関によって国際的な利害関係者との対話に役立てられることが期待されています。

このワークショップに関する更なる情報及び当インスティテュートの長期的責任に関するより広範な作業計画については、Ian Havercroftまでお問い合わせください。

*(訳注)王立国際問題研究所に源を発する、会議参加者の行為規範。チャタムハウスルールを適用する旨の宣言の下に運営される会議においては、当該会議で得られた情報を利用できるが、その情報の発言者やその他の参加者の身元および所属に関して秘匿する(明示的にも黙示的にも明かにしない)義務を負うというルール。



 

Long-term liability for geological storage – Paris Workshop

On 20-21 April 2015, the Global CCS Institute and the International Energy Agency (IEA) co-hosted an expert group workshop in Paris to consider the issue of long-term liability. The workshop focused upon three core objectives:

  1. to review current research and project-level experience of liability,
  2. to assess the nature and magnitude of the issue and discuss possible solutions, and
  3. to advance recommendations for governments that have yet to develop liability models.

An invite-only event, the workshop brought together experts from industry, academia and government from several jurisdictions around the world. Workshop participants heard a number of presentations over the two days and engaged in several facilitated discussions. Many of these discussions focused upon recent studies published by both host organisations, including the Institute’s comparative study on legal liability which was released in November 2014. The meeting was also hosted under ‘Chatham House Rules’, which allowed a detailed and frank exchange of views between those present.

A detailed workshop report will be jointly developed by the IEA and Global CCS Institute in the forthcoming weeks, in consultation with the workshop participants and will be published by both organisations later this year. It is hoped that the analysis and recommendations emerging from the workshop and developed in the report may be used by both organisations in their communication with stakeholders internationally.

For further information on the workshop and the Institute’s broader work plan on long-term liability, please contact Mr Ian Havercroft.