カナダ初のCO2貯留プロジェクトのAquistore、正式開業

01 June 2015
Tokyo, Japan

世界初の石炭火力発電所起源商用燃焼後CO2回収・輸送・利用・貯留プロジェクトであるAquistoreプロジェクトが、5月29日、カナダ、サスカチュワン州Estevanにて正式に開業いたしました。

当インスティテュートは、プロジェクト・マネージャーであるPetroleum Technology Research Centre (PTRC)に対し、今日までにAquistoreから得られた学習事項についての報告書作成を発注しました。本報告書は、以下に掲げるプロジェクトの様々な側面について網羅しております。

  • Aquistoreプロジェクトのマネジメント
  • スポンサーシップの構造
  • 技術的目標
  • サイト選定及び特性評価
  • リスク評価
  • 掘削及びモニタリングプログラム
  • 一般市民への広報活動及び知識共有活動

 

報告書は当インスティテュートのウェブサイトにおいて、当インスティテュートの貯留担当プリンシパル・マネージャーである Neil WildgustのInsights と共にご覧いただけます。

Aquistoreは貯留の実証プロジェクトであることに加え、温室効果ガス排出削減を目的とした安全かつ効果的なCO2貯留に関するデータを収集・分析・解釈するモニタリング・ツールを幅広く取り揃えた重要な科学的研究所であり産業研究所でもあります。このプロジェクトに関し、7カ国から17以上の国際機関がパートナーシップを結んだり、研究プロジェクトを設けたりしており、CO2貯留に関する貴重な研究が生まれることが期待されています。詳しい情報につきましては、こちらをご覧下さい

この4,500万米ドル規模の独立研究プロジェクトは、Boundary Dam発電所のCO2回収施設から約2マイル離れたWilliston盆地に位置しています。Boundary Damで回収されたCO2の大半は石油増進回収(EOR)のためCenovus油田にパイプラインで輸送されますが、一部が Aquistoreにも運ばれ、Winnipeg及びDeadwood地層中の地下2.1マイルのところにある深部塩水層に安全かつ恒久的に貯留されます。

科学的研究と安全かつ恒久的貯留を目的として、Aquistoreは最初の6ヶ月の注入期間で、一日あたり最大1,000トンのCO2を注入しようとしています。このプロジェクトは、年間約100万トンのCO2を貯留するポテンシャルを擁しており、これは25万台の自動車を路上から排除することに相当します。

AquistoreプロジェクトとCO2貯留におけるその役割に関する詳しい情報については、www.aquistore.ca をご覧下さい。



 

 

Aquistore, Canada’s first CO2 storage project, officially opens

Aquistore, the world’s first commercial post-combustion carbon dioxide ( CO2 ) capture, transportation, utilisation and storage project from a coal-fired power station, officially opened 29 May in Estevan, Saskatchewan, Canada.

The Global CCS Institute commissioned a report on Aquistore learnings to date from the project managers, the Petroleum Technology Research Centre (PTRC). The report covers various aspects of the project including:

  • Aquistore project management
  • sponsorship structure
  • technical goals
  • site selection and characterisation
  • risk assessment
  • drilling and monitoring programs
  • public outreach and knowledge sharing activities

 

The report is available on the Global CCS Institute website along with an Insight by Neil Wildgust, the Institute’s Principal Manager for Storage.

In addition to being a storage demonstration project, Aquistore is also a critical scientific research site and industrial laboratory with an extensive suite of monitoring tools to gather, analyse and interpret data on the safe and effective storage of CO2 to reduce greenhouse gas emissions. More than 17 international organisations from seven different countries have partnerships or research projects with the project, which are expected to generate valuable research on CO2 storage. Further information is available here.

The US$45 million independent research project is located in the Williston Basin, approximately two miles from the carbon capture facility at the Boundary Dam Power Station. While the majority of the CO2 captured at Boundary Dam is transported via pipeline to the Cenovus oilfield for enhanced oil recovery (EOR), a portion is also transported to Aquistore, where it is safely and permanently stored 2.1 miles underground in a deep saline aquifer in the Winnipeg and Deadwood formations.

Over the initial six month injection period, Aquistore intends to inject up to 1,000 tonnes of CO2 per day for scientific research and secure, permanent storage. The project has the potential to store close to a million tonnes of CO2 per annum, the equivalent of taking 250,000 cars off the road.

Further information about Aquistore and its role in carbon storage is available at www.aquistore.ca