出版物

Displaying 1 - 10 of 23 results
報告書の背景 一般的な考え方とは違い、社会的受容とは「大多数の市民がプロジェクトを受容すること」を意味するものではない。プロジェクトの社会的受容のレベルは、対象となる集団について、「賛成」または「反対」という行動についての共通のビジョンを用いた調査結果には基づいていない。これは、少数派だろうが受容の条件はそれぞれの利害関係者に特有であるということを無視しているため、民主的な考え方としては不備がある。少数派の反対でプロジェクト全体を阻止するのに十分であるということは繰り返し確認されてきた。 実際のところ、社 ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS)
世界のCCSの動向:2013は、世界のCCSに関する進捗や直面する課題について当インスティテュートが年次で纏めているフラッグシップレポートで、今回が第5版となる。本レポートでは、CCSプロジェクトの開発状況、政策や規制枠組み、CCSを構成する技術、社会的受容などについての概況を報告する。 世界のCCSの動向: 2013 世界のCCSの動向: 2013 世界のCCSの動向:2013は、世界のCCSに関する進捗や直面する課題について当インスティテュートが年次で纏めているフラッグシップレポートで、今回が第5版と ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 capture CO2 storage CO2 transport
当インスティテュートは、世界のCCSの動向2012で75件の大規模統合プロジェクトを報告したが、2013年に確認したのは65件である(図3)。重要なことに、現在12件のプロジェクトが操業中であり、2012年の8件から増えている。この一年間で新たに3件のプロジェクトが確認され、ブラジルとサウジアラビアが1件ずつ(両国にとって初)、中国が1件であった。5件のプロジェクトが取り止めとなり、1件が規模を縮小し、7件が投資の優先順位の見直しや資金・法的支援の不足等、様々な理由によって保留となった。 世界のCCSの動 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
今日、石油増進回収(EOR)でのCO2の圧入とそれに付随する大量のCO2の地層への貯留を中心としたものと、主にCO2の大気中への排出を削減することが目的のCO2回収貯留(CCS)の圧入と貯留を中心としたものの間には、どこか類似した文化的及び知識上のギャップが見られる。しかしながら、CCS技術の幅広い導入を推進するための長期戦略の一環として、回収された人為起源のCO2の供給を実益のあるEOR操業へと統合するポテンシャルを評価する際には、この知識とコミュニケーションのギャップを埋めることは特に重要である。 ギ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
本報告書の主な目的は、欧州連合(EU)加盟国から幾つかを選び、CO2回収貯留(CCS)実証プロジェクト開発者が、CO2の地中貯留に関するEC指令2009/31/EC(CCS指令)の国内法化という状況下での彼らのプロジェクトの許認可プロセスから得た教訓の概要を示すことである。本報告書では、以下を検証する。 CCS実証プロジェクトをもっている次の4つの選ばれたEU加盟国におけるCCS指令の国内法化プロセス。すなわち、英国(UK)のDon Valleyプロジェクト、オランダのMaasvlakte CCS Pro ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
2012年には、ネットワークは、当該技術の商業展開の実証や発生する問題への対処、発電及び工業生産に対し、このクリーンな方法を地球規模で広く普及させる道筋をつけることを目指す、操業中または開発中の欧州における6つの主要な大規模CCSプロジェクトで構成されていた。2012年のネットワーク加盟プロジェクトは、Bełchatów (ポーランド)2、Compostilla (スペイン)、 Don Valley (英国)、 Porto Tolle (イタリア)、ROAD (オランダ)及びSleipner (ノルウェー ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)

GETICA CO 2 回収貯留(CCS)デモプロジェクトは、ルーマニアの南西部開発地区に立地する既存の石炭火力発電所への大規模な統合CCS技術の適用にかかる実証を行うことを目的としている。 CCSチェーン(回収、輸送、貯留)のフィージビリティ・スタディ(FS)を実施したのは、ルーマニアのISPE(英国INTETECH CONSULTANCYから支援を受けている)、ドイツのALSTOM CARBON CAPTURE、ルーマニアのGEOECOMAR、およびフランスのSCHLUMBERGER CARBON SERVICESで構成されるコンソーシアムである。
気候変動による危険な影響を回避しうる範囲内に地球の平均気温をとどめるためには、世界のCO 2 排出量が今後10年以内にピークに達し、2000年レベルに対し今世紀半ばまでに少なくとも50-85%減少する必要がある 。 本章では、CCS展開へのいくつかの主要な動機を考察する。  第一の理由は、CCSは化石燃料を燃焼する固定汚染源からの排出量削減の手段となるからである。今日、我々が対処せざるを得ない最も重大な排出源は、幅広く普及した化石燃料を消費する多種の事業拠点である。このような事業拠点は多くの将来的経済シナ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
本作業の準備にあたり、2002年の総会において、第3作業部会(Working Group III)の後援と、第1・第2作業部会(Working Groups I and II)からの情報提供を受けながら、IPCCがワークショッ プを開催すべきであるとの手順の推奨が決定された。ワークショップは2002年11月にカナダの Reginaで開催された(IPCC, 2002)。技術報告書の作成、特別報告書の作成、第四次評価報告書完 成まで全ての行動の延期、の3つのオプションがワークショップで検討された。熱心な討論の ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
本報告書は、日本における知識共有ネットワークが実施した複数のフェーズにわたり実施された、「日本における知識共有ネットワークによるCCSコミュニケーション枠組みの構築」プロジェクトの第2 フェーズについて示したものである。実施内容は次のとおりである。 (1). プロジェクトの第1 フェーズで行った、「CCS をコミュニケーションの枠組みを通じてどのように説明すべきか」という専門家の議論に基づき、CO 2 回収・貯留(以下「CCS」)に関する一般市民向けアウトリーチプログラムを作成・試験する。 (2). CO ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS)