出版物

Displaying 1 - 3 of 3 results
CCSが大規模なCO 2 排出削減に貢献するためには、先進国と発展途上国の双方において普及する必要がある。とりわけ、来る数十年においては、化石燃料使用量(およびそれに付随するCO 2 排出量)の純増大分は全て途上国から生じるものであることが見込まれている状況を勘案すると、途上国における普及は重要である。一方、大部分の途上国においては、CCSが必要となるような気候変動の悪化こそ認められるものの、CCSが果たして商業ベースにのるかどうかについては、現状は心もとない状況にある。本レポートは、2012年4月25日 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Project financing Capacity development
、2013年2月28日から3月1日にかけて、マレーシアのLumut市において、CCS法規制枠組ワークショップが開催された。このワークショップの目的は、マレーシアの既存の規制環境下で、CCSプロジェクトがどのような規制を受けるかを確認することであった。この分析により、規制上のギャップと重複、改善すべき領域を知り、将来のマレーシアにおけるCCSプロジェクト推進に役立てることができる。ワークショップでは主に、さらなる議論が必要な問題の特定とアプローチの提案が行われた。 マレーシアにおけるCCS法規制枠組ワークシ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development
CO2 回収貯留(CCS)では、枯渇した石油・ガス田、陸域と海域の地殻深部にある塩水滞水層、岩塩空洞ないし採掘できない炭層などの地質構造に CO2 を注入し閉じ込める。これらは、既存の石油・ガス生産における二次回収のアプローチであり、同時に温室効果ガスの排出を減らす手段でもある。この序論は、CCS がエネルギー生産向上と温室効果ガス削減に関して有するポテンシャルを調査することに関心を寄せる関係者及び政策決定者にとって重要な質問に対する回答を提供するように構成されている。 政策立案者及び事業実施者向けトレーニ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development